WEAR NEWS

2022.01.14Matches(大会・試合)大坂、ルードがチームヨネックスを牽引 全豪オープン2022

今年最初のグランドスラムである全豪オープン(オーストラリア・メルボルン/1月17~30日)がいよいよ開幕。女子シングルスの大坂なおみ、車いすの部女子シングルスのディーデ・デフロート(オランダ)、クァードの部男子ダブルスのヒース・デービッドソン(オーストラリア)が、ディフェンディングチャンピオンとして登場します。チームヨネックスからは12名がシード選手として出場予定です。

ハードコートのグランドスラムで4度の優勝を誇る大坂は、前哨戦でベスト4と調子を取り戻してきています。カスパー・ルードは昨シーズン5つのタイトルを獲得し、ノルウェー人選手として初のトップ10入りを果たしました。今大会第8シードで出場します。ともに新EZONEを武器に挑みます。

選手着用ウェア
海や珊瑚礁といったオーストラリアの自然をイメージし、ネイビーブルー、サックス、フレッシュライムをアクセントにデザイン。通気性、軽量性、機能性に優れ、選手のハイパフォーマンスを引き出します。さらに、環境に配慮したサステナブルな素材を使用しています。

オフィシャルパートナー
ヨネックスストリンギングチームは、7年連続で全豪オープンのオフィシャルストリンガーに選ばれています。今大会は11カ国19名のストリンガーで構成され、世界基準のストリンギングを目指し、精密なストリンギングに優れた国内自社工場製マシン「PRECISION 9.0」と「PT8 Deluxe」がサポートしています。前哨戦からサポートが始まり、12日間で約2,000本のストリンギングを行いました。

関連リンク

>> EZONE特設サイト

©2022 YONEX Co., Ltd.
page top