TENNIS NEWS

2022.07.08Matches(大会・試合)キリオス、ルバキナがファイナル進出!ウィンブルドン選手権2022

ウィンブルドン選手権2022は7日、女子シングルス準決勝が行われ、エレーナ・ルバキナ(カザフスタン)がシモナ・ハレプ(ルーマニア)に6-3、6-3で快勝し、カザフスタン選手初のグランドスラム決勝進出を果たしました。

2019年大会女王のハレプは今大会ここまで1セットも落としていませんでしたが、ルバキナは4度のブレークを奪うなど、圧巻のパフォーマンスを見せました。

ルバキナは「センターコートでは今日が初めてのプレーだった。満員の観客が応援してくれて、鳥肌が立った。何とか勝ててうれしい」とコメント。オンス・ジャバー(チュニジア)との決勝に向けて「とてもトリッキー。彼女のドロップショットやボレーに対応するのは簡単ではない。素晴らしい試合になると思うし、自分もベストを尽くしたい」と語っています。

男子シングルスのニック・キリオス(オーストラリア)は、不戦勝で初のグランドスラム決勝に進出。通算6度の同大会優勝を誇るノバク・ジョコビッチ(セルビア)とキャメロン・ノーリー(イギリス)の勝者と対戦します。

車いすの部とクァードの部もスタートし、国枝慎吾、ディーデ・デフロート(オランダ)らがベスト4に進出。ジュニアの部は、チームヨネックスから合計28選手がシングルス本戦に出場し(全ブランド中2位)、3選手がベスト4に進出しています。

使用用具

ニック・キリオス: EZONE 98POLYTOUR PRO 120
エレーナ・ルバキナ: VCORE100POLYTOUR FIRE 125
国枝慎吾: EZONE 98POWER CUSHION SONICAGE 2
ディーデ・デフロート: VCORE98REXIS COMFORT 125

©2022 YONEX Co., Ltd.
page top