TENNIS NEWS

2021.06.10Players(選手)快進撃を続けるジダンセクが準決勝に進出 全仏オープン2021

2106101600_01.jpg

全仏オープン2021(フランス・パリ/5月30日~6月13日)の女子シングルス準々決勝で、タマラ・ジダンセク(スロベニア)が第33シードのパウラ・バドーサ(スペイン)を7-5、4-6、8-6で破り、自身初のグランドスラムベスト4入りを果たしました。
次戦は決勝進出を懸けて第31シードのアナスタシア・パブリチェンコワ(ロシア)と対戦します。これまでのグランドスラムの最高戦績である2回戦から大きく飛躍したジダンセク。得意とするサーフェスで快進撃が続きます。

男子ダブルスでは、地元の大声援を受けたピエール・ウゲス・エルベール(フランス)が準決勝に進出。全豪オープン2019以来のグランドスラムタイトル獲得を目指します。
アレクサンダー・ブブリック(カザフスタン)も準決勝へ駒を進めました。持ち前のタッチセンスで相手を翻弄、グランドスラム初の決勝進出を狙います。

使用用具

タマラ・ジダンセク:  VCORE 100POLYTOUR REV 125
ピエール・ウゲス・エルベール:VCORE PRO 97
アレクサンダー・ブブリック:EZONE98POLYTOUR PRO 125

©2021 YONEX Co., Ltd.
page top