TENNIS NEWS

2018.07.17Matches(大会・試合)グランドスラム3勝目!ケルバーが悲願の芝の女王に!チームヨネックスが6冠達成 ウィンブルドン選手権


ウィンブルドン選手権(イギリス・ロンドン/7月2日~15日)女子シングルス決勝で、第11シードのアンジェリク・ケルバー(ドイツ)が8度目の優勝を狙ったセレナ・ウィリアムズ(アメリカ)を6-3、6-3のストレートで下し、初優勝を飾りました。

2年前の再現となった決勝戦、ケルバーは終始冷静でした。「ウィンブルドン決勝は一度戦っているので何をすべきか分かっていた」と自信を持って挑みました。マッチポイントでセレナのリターンがネットにかかると、ケルバーは両手で顔を覆い感激のあまり芝に倒れこみました。「夢が叶った。セレナ相手には最高のテニスをしないと勝てないとわかっていた。優勝のチャンスを掴みたかった」と見事2年前の雪辱を果たしました。

ケルバーは、2016年の全豪オープン、全米オープンに続くグランドスラム3勝目を飾り、この結果WTAランキングは4位※1に上昇し、No.1復帰も視野に入って来ました。


さらに、混合ダブルスでは、ニコール・メリチャー(アメリカ)& アレクサンダー・ペヤ(オーストリア)ペアが初優勝。メリチャーのサービスとペヤのネットプレーのコンビネーションで初のビッグタイトル獲得です。メリチャーは女子ダブルスでも準優勝を果たしています。


そしてジュニアでは、シングルスベスト16進出者の中では男女ともラケット使用率No.1※2を獲得。男女ダブルス決勝はともにヨネックス対決となり、男子ダブルスではヤンキ・エレル(トルコ)、女子ダブルスではシユ・ワン(中国)がそれぞれ優勝を飾りました。また、車椅子テニスの部ではディーダ・デ・グロート(オランダ)が女子シングルス・ダブルスを制しています。


ウィンブルドンでは女子シングルス、混合ダブルス、ジュニアの部男女ダブルス、車椅子テニスの部女子シングルス・ダブルスと、チームヨネックスが6冠を達成しました。

※1 2018年7月16日現在
※2 ヨネックス調べ

使用用具

アンジェリク・ケルバー:VCORE、POLYTOUR FIRE 120
ニコール・メリチャー:EZONE 100POLYTOUR SPIN 125
ヤンキ・エレル:VCORE PRO 97POLYTOUR FIRE 125
シユ・ワン:EZONE 98POLYTOUR SPIN 125
ディーダ・デ・グロート:EZONE100POWER CUSHION ECLIPSION2 WOMEN GC

関連リンク

>>チームヨネックス

▼ RECENT

フルカチと柴原が初優勝!キャリア最大のタイトル獲得 マイアミオープン2021

「創業75周年ヨネックス春のラケットまつり ~スポーツで健康になろう!~」開催

1期生最終となる第8回キャンプ開催!リポビタン Presents伊達公子×YONEX PROJECT ~Go for the GRAND SLAM~

グランドスラム4勝の大坂なおみがデザインをプロデュース。 テニスラケット「EZONE NAOMI OSAKA LIMITED」 2021年4月下旬より限定3,000本の追加発売が決定!

チームヨネックスが躍進!先着10,000名様にフェイスマスク、抽選で75周年記念モデルなどが当たる「全豪オープン優勝キャンペーン~感動をありがとう~」開催

EZONEで大坂なおみ自身4度目のGSタイトル獲得!全豪オープン2021

大坂なおみ2年ぶり決勝進出!全豪オープン2021

大坂なおみベスト4進出! グロート、デイビッドソンが75周年記念モデルを纏い優勝!全豪オープン2021

大坂なおみらがベスト8進出!全豪オープン2021

グランドスラムジュニア出場を目指せ! 『リポビタン Presents伊達公子×YONEX PROJECT ~Go for the GRAND SLAM~』第2期生参加者募集

▼ CATEGORY
- Players(選手)
- Matches(大会・試合)
- Events(イベント)
- Products(製品)
- Information(お知らせ)
▼ ARCHIVE
- 2021年
- 2020年
- 2019年
- 2018年
- 2017年
©2021 YONEX Co., Ltd.
page top