TENNIS NEWS

2017.01.30Matches(大会・試合)全豪オープンテニス2017張り上げ総本数5,460本!ヨネックスストリンギングチーム&チームヨネックスの活躍で約2週間の熱闘に幕


1701111100_2.jpg
ヨネックスは、全豪オープンテニス2017(1月16~29日)にて2年連続でオフィシャルストリンガーを務めました。 トップストリンガーで組織された「ヨネックスストリンギングチーム」から15か国計25名を現地に派遣し、 1日最多524本等、大会期間中累計で全豪オープン史上最多の5,460本を張り上げ、 選手サポートを行いました。正確にスピーディーに、かつ選手の要望通りに張り上げる ヨネックスストリンギングチームに選手・大会から多くの感謝の言葉をいただいています。



同大会には、チームヨネックスから最多となる男子10名、女子20名の合計30名が本戦出場し、大会を大いに盛り上げました。

男子シングルスでスタン・ワウリンカ(スイス)が、女子シングルスではココ・バンダウェイ(アメリカ)が それぞれベスト4に進出。特にバンダウェイはノーシードながら第1シード、第7シードを破る快進撃を見せ、 その秘めたるポテンシャルに今後の期待が高まります。女子ダブルスでは、アンドレア・フラバコワ(チェコ) がVCORE SVのスピンとパワーで準優勝を果たしました。



世界ランキング1位、大会第1シードのアンジェリク・ケルバー(ドイツ)と地元オーストラリアの ダリア・カブリロバはそれぞれ4回戦進出。ニック・キリオスと大坂なおみは昨年の成績以上を目指すものの 2回戦で敗退しましたが、キリオスは地元の圧倒的な応援を背に躍動感あふれるプレーを随処に見せ、 大坂は今大会最速サーブタイ記録となる198km/hをマークし、その存在感を世界に示しました。



また、車いすテニス男子シングルスでは、23歳のグスタボ・フェルナンデス(アルゼンチン)が 全豪オープン初優勝を飾りました。昨年の全仏オープンに続き嬉しい2度目のグランドスラムタイトル獲得です。

左から、キャロライン・ガルシア(フランス)、アニカ・ベック(ドイツ)、 ヤニナ・ウィックマイヤー(ベルギー)、フランシス・ティアフォ(アメリカ)



今年1月からチームヨネックスに新加入した4選手も、キャロライン・ガルシア(フランス)の ダブルスベスト4を筆頭に躍動しました。
今後もチームヨネックスの活躍にぜひご期待ください。

関連リンク

>>ヨネックスストリンギングチーム特設サイト
>>チームヨネックス
▼ RECENT

フルカチと柴原が初優勝!キャリア最大のタイトル獲得 マイアミオープン2021

「創業75周年ヨネックス春のラケットまつり ~スポーツで健康になろう!~」開催

1期生最終となる第8回キャンプ開催!リポビタン Presents伊達公子×YONEX PROJECT ~Go for the GRAND SLAM~

グランドスラム4勝の大坂なおみがデザインをプロデュース。 テニスラケット「EZONE NAOMI OSAKA LIMITED」 2021年4月下旬より限定3,000本の追加発売が決定!

チームヨネックスが躍進!先着10,000名様にフェイスマスク、抽選で75周年記念モデルなどが当たる「全豪オープン優勝キャンペーン~感動をありがとう~」開催

EZONEで大坂なおみ自身4度目のGSタイトル獲得!全豪オープン2021

大坂なおみ2年ぶり決勝進出!全豪オープン2021

大坂なおみベスト4進出! グロート、デイビッドソンが75周年記念モデルを纏い優勝!全豪オープン2021

大坂なおみらがベスト8進出!全豪オープン2021

グランドスラムジュニア出場を目指せ! 『リポビタン Presents伊達公子×YONEX PROJECT ~Go for the GRAND SLAM~』第2期生参加者募集

▼ CATEGORY
- Players(選手)
- Matches(大会・試合)
- Events(イベント)
- Products(製品)
- Information(お知らせ)
▼ ARCHIVE
- 2021年
- 2020年
- 2019年
- 2018年
- 2017年
©2021 YONEX Co., Ltd.
page top