企業情報
  1. TOP
  2. 企業情報
  3. 歴史・沿革

歴史・沿革

2001(平成13)年

新潟生産本部(現新潟工場)で環境マネジメントシステム「ISO14001」の認証を取得

米山稔会長(現ファウンダー)が勲4等瑞宝章受章

製品・選手

テニス・契約プロのレイトン・ヒューイットが全米オープン優勝。また年間世界ランキング1位を獲得

2004(平成16)年

札幌営業所を開設

インドネシア、マレーシアで、ヨネックスが「スーパーブランド」に選ばれる

バドミントンが国技のインドネシア、マレーシアで、消費者から最も信頼されているバドミントンブランドとして認定された。

2005(平成17)年

ヨネックス開発株式会社を吸収合併

製品・選手

ゴルフクラブの反発に関するルール改正(2008年実施)を受け、ルール適合の新製品クラブ「ナノブイ」を、業界に先がけて発売

2006(平成18)年

品質マネジメントシステム「ISO9001」の認証を取得

2007(平成19)年

本社(東京)新社屋完成

米山稔(現ファウンダー)がファウンダー名誉会長に就任。米山宏作(現参与)が会長に就任。米山勉(現会長)が3代目社長に就任

製品・選手

アマチュア時代にヨネックスカントリークラブを拠点にしていた、プロゴルファー 若林舞衣子と契約

スノーボードの契約選手、青野令が日本人で初めてワールドカップハーフパイプ部門で優勝

2008(平成20)年

製品・選手

15歳でプロツアー優勝を果たし、様々な最年少記録を塗り替え、のちに世界最少スコアを記録するプロゴルファーの石川遼と契約

96年にツアーを引退したプロテニスプレーヤーのクルム伊達公子が、現役復帰を表明。若い選手たちに刺激を与えるべく、ヨネックスのラケットを手に再びコートに立つ

2009(平成21)年

ランニングシューズを発売し、ランニングシューズ業界に新規参入

パワークッション搭載のランニングシューズを開発・販売。

バドミントンのオールイングランド(全英バドミントン選手権)の、最長冠スポンサーとなる

製品・選手

スノーボードの世界選手権で、契約選手の青野令が日本人初の金メダル獲得

バドミントンの世界ランキング1位、リー・チョンウェイ(マレーシア)と契約

2010(平成22)年

バドミントンラケット アークセイバーZ-スラッシュが、スマッシュ初速421km/hの世界最速記録樹立

中国に現地法人ヨネックス(上海)ゴルフ貿易有限公司(現ヨネックス(上海)スポーツ用品有限公司)を設立

製品・選手

バドミントン契約選手のリー・チョンウェイが、6つのスーパーシリーズタイトル獲得とスーパーシリーズ・マスターズ・ファイナル3連覇を果たす

2011(平成23)年

海外現地法人YONEX CORPORATION U.S.A.をYONEX CORPORATIONに名称変更。同時に同法人の子会社YONEX CANADAを吸収し、同法人の支店とする

Jリーグクラブの柏レイソルのオフィシャルユニフォームサプライヤーを務める

3月11日に発生した東日本大震災の復興支援を目的に「スポーツで笑顔プロジェクト」発足

米山稔がファウンダーに就任

製品・選手

女子テニス世界ランキング1位(当時)のキャロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)と契約

トップ選手が好んで使用し、後に多くの好成績を残すことになるテニスラケットのVCOREシリーズの第1弾「VCORE95D、VCORE98D、VCORE100S」発売

2012(平成24)年

フットボールウェア事業に参入

製品・選手

テニスATPツアーで3勝を挙げているスタン・ワウリンカ(スイス)と、ラケット・シューズ・ウェア・バッグの総合使用用具契約を締結

2013(平成25)年

バドミントンラケット ナノレイZ-スピードがスマッシュ初速493km/hで世界最速記録を更新

執行役員会制度導入

製品・選手

タイのラチャノック・インタノンが、当社バドミントンラケットを使用して、18歳の史上最年少で世界選手権女子シングルス王者となる

世界最速記録を更新したバドミントンラケット「ナノレイZ-スピード」発売

2014(平成26)年

スポーツサイクル事業、風力発電用ブレードの製造・販売事業に参入

これまでに蓄積したカーボン加工技術を活用するべく研究を行い、新たな2事業に参入を果たした。

海外現地法人YONEX TAIWAN CO.,Ltd.に新事務棟を建設

新事務棟の建設により、主にバドミントン用品を生産する台湾工場が拡充し、増産体制が整った。

製品・選手

テニス・契約プロのスタン・ワウリンカが、全豪オープンにて3人のトップ10プレーヤーに勝利し、自身初のグランドスラムタイトルを獲得

当社が長年サポートを続けたバドミントンの男子ナショナルチームが、世界国別対抗戦トマス杯で優勝、世界チャンピオンとなる快挙を達成

超軽量カーボンバイクフレーム「CARBONEX」を発売

風力発電用カーボンブレード「YW-100」を発売

バドミントンの世界選手権で、キャロリーナ・マリンがスペイン選手として史上初の優勝

日・韓女子プロゴルフツアーでいずれも当社契約プロが賞金女王となる(日本ツアー:アン・ソンジュ、韓国ツアー:キム・ヒョージュ)

2015(平成27)年

海外現地法人ヨネックス(上海)ゴルフ貿易有限公司をヨネックス(上海)スポーツ用品有限公司に名称変更。中国にてバドミントン並びにテニス用品を含めたスポーツ用具用品全般の取り扱いを開始

米山勉が会長に就任。林田草樹が4代目社長に就任

YONEX SHOWROOM AKIHABARAをオープン

米山稔(現ファウンダー)が「世界バドミントン連盟会長賞」を受賞

長年にわたるバドミントンへの類まれな貢献を称え、世界バドミントン連盟会長より表彰された。

東京工場第二工場B棟竣工

製品・選手

キング・オブ・バドミントン"の名を冠したリン・ダン(中国)と用具使用契約を締結

テニス2014年WTAアワード年間最優秀新人賞のベリンダ・ベンチッチ(スイス)とテニス用品総合使用契約を締結

2016(平成28)年

テニス世界四大大会オーストラリアンオープンで日本ブランド初のオフィシャルストリンガーを務める

新潟生産本部(現新潟工場) 長岡第二工場竣工

インドに現地法人YONEX INDIA Private Limited(製造子会社)を設立

東京オフィス開設

2018(平成30)年

ストリングマシンを製造する東洋造機株式会社を子会社化

YONEX TOKYO SHOWROOMを新橋にオープン

2019(令和1)年

YONEX SHOWROOM AKIHABARAをヨネックスフィッティングスタジオ秋葉原としてリニューアルオープン

新潟生産本部を新潟工場に名称変更

ページのトップへ