企業情報
  1. TOP
  2. 企業情報
  3. 歴史・沿革

歴史・沿革

1981(昭和56)年

西ドイツに現地法人YONEX SPORTS GmbH(販売会社)を設立

ヨネックス初の現地法人は、西ドイツに設立された。

本社(現新潟工場)第2工場を建設

テニスラケットの製造を担う新工場の竣工式には、ヨネックステニスの創生を支えた、テニス・契約プロのビリー・ジーン・キングが出席した。

1982(昭和57)年

ヨネックススポーツ株式会社を現社名であるヨネックス株式会社に変更

大阪出張所を支店に昇格、大阪支店ビルを建設

ゴルフ事業に進出

世界で初めて、カーボングラファイトとパーシモンを一体化したゴルフのウッドクラブを発表

バドミントンで「ヨネックスカップジャパンオープン(現ヨネックスオープンジャパン)」に冠協賛

製品・選手

カーボングラファイトとパーシモンを一体化したゴルフクラブ、「カーボネックス」を発売

新発売のテニスラケット「R-7」を使用したナブラチロワが、全仏オープン優勝

アジア大会テニス シングルス優勝の井上(現姓 兼城)悦子と専属契約

1983(昭和58)年

株式会社ヨネックス東京工場(現東京工場)にてストリングの製造を開始

アメリカに現地法人YONEX AMERICA INC.(現YONEX CORPORATION)を設立

新潟県長岡市にゴルフ練習場(36打席)を開設

製品・選手

テニスブームを席巻し、空前のヒット作となったミッドサイズのカーボンラケット「R-22」を発売

ナブラチロワが「R-22」を使用し、史上初のシングルス・ダブルスともにグランドスラムを達成

アイアンの常識を覆したゴルフクラブ「カーボンアイアン」を発売

テニス・契約プロの井上(現姓 兼城)悦子がジャパンオープンで初優勝

1984(昭和59)年

名古屋市中区に名古屋営業所(現名古屋支店)を開設

1899年以来の伝統を誇る全英バドミントン選手権の冠スポンサーとなる

株式会社ヨネックス東京工場(現東京工場)に第2工場を建設

第2工場建設で、ストリング生産の充実を図る。

東京本店(現本社)増設

本社(現新潟生産本部)第3工場を、新潟県三島郡越路町(現長岡市)に建設

1985(昭和60)年

製品・選手

テニス・契約プロの井上(現姓 兼城)悦子、全日本テニス選手権初優勝

1986(昭和61)年

製品・選手

テニス・契約プロのナブラチロワ、ウィンブルドン5度目の優勝

1987(昭和62)年

福岡県福岡市博多区に福岡営業所を開設

世界で初めてIPS(Integrated Power weight System)採用のテニスラケットを発売

イギリスに現地法人YONEX U.K. Ltd.を設立

米山稔社長(現ファウンダー)、藍綬褒章受章

台湾に現地法人優乃克股份有限公司(YONEX TAIWAN CO.,LTD.・生産会社)を設立

40周年を記念し開催されたパーティーには、政財界から多くのお客様にご出席いただいた。

製品・選手

IPS(Integrated Power weight System)採用のテニスラケット「R-24」を発売

テニス・契約プロのナブラチロワが、6年連続でウィンブルドン王者となる

全英バドミントン選手権に、エドワード王子がご臨席され大会の栄誉を称えた

プロテニスプレーヤーのパム・シュライバー(アメリカ)と契約

1988(昭和63)年

香港に現地法人YONEX SPORTS HONG KONG LIMITED(販売会社)を設立

長岡市新産にヨネックスゴルフ練習場(現ゴルフ研究試打場兼練習場)を開設

1989(平成1)年

新潟県三島郡越路町(現長岡市)にヨネックス開発株式会社を設立

新会社を設立し、ゴルフ場開発に着手する。

西ドイツに現地法人YONEX GmbH(販売会社)を設立、旧YONEX SPORTS GmbHの業務を継承

JPGAツアーの「ヨネックスオープン広島ゴルフトーナメント」を広島テレビ放送と共催

製品・選手

プロテニスプレーヤーの伊達公子と契約

業界初となるワイドボディ設計のヘッドに着目したゴルフクラブ、A.D.X.シリーズを発売。同年、A.D.X.ドライバーは412ヤードの世界記録を樹立し、PGA公認大会で最長飛距離を記録したドライバーとなった

1990(平成2)年

宮城県仙台市宮城野区に仙台営業所を開設

東京都文京区湯島に本社を移転。同時に株式会社ヨネックス東京工場(現東京工場)、ヨネックス貿易株式会社(現海外営業部)の2社を吸収合併

名古屋営業所を支店に昇格

アメリカ現地法人YONEX CORPORATION(現YONEX CORPORATIONの前身)設立。新社屋を建設

福岡営業所、新社屋を建設

製品・選手

マルチナ・ナブラチロワがウィンブルドンで史上最多の9回目の優勝を果たす

プロテニスプレーヤーのモニカ・セレス(アメリカ)と契約

ページのトップへ