企業情報
  1. TOP
  2. 企業情報
  3. 歴史・沿革

歴史・沿革

1971(昭和46)年

東京営業所を東京都文京区湯島(現本社所在地)に移転し、東京本店に昇格

世界最大の米国市場にアルミ製テニスラケットで参入

1973(昭和48)年

ロゴマークをyyYONEYAMAに変更

ロゴに採用されている「yy」は、yoneyamaの「y」と若さ(youth)の「y」を「yy」としてデザインした。

コーポレートカラーにブルー&グリーンを採用

コーポレートカラーのブルーは大空を、グリーンは大地をイメージしている。

ソフトテニスラケットの製造・販売を開始、ソフトテニス事業に参入

製品・選手

全英バドミントン選手権で7年連続8回の優勝を果たし、バドミントンの神様と称されたルディー・ハルトノ(インドネシア)と契約

ソフトテニスラケット「TS-6500、TS-5500」を発売

1974(昭和49)年

株式会社ヨネヤマラケットをヨネックススポーツ株式会社に社名変更

海外との取引が増え始めたころ、社名の表記が「YONEYAMA」では文字数が多く、海外の方は発音しにくく苦情が多くなったため社名変更を決断した。会議で出された案の中から、「YONEYAMA」のYAMAをとり、未来の可能性を表すエックスを付けた現在の社名となった。

有限会社ヨネヤマラケット東京工場を有限会社ヨネックススポーツ東京工場(現東京工場)に社名変更

貿易商社の株式会社ヨネヤマスポーツをヨネックス貿易株式会社(現海外営業部)に社名変更

木製テニスラケットの製造開始

製品・選手

テニス4大大会ダブルス優勝の実績をもつトニー・ローチ(オーストラリア)と契約

1975(昭和50)年

本社(現新潟工場)第2工場を、新潟県三島郡越路町(現長岡市)に建設

製品・選手

テニスラケットでグラフレックス「T-9000」を発売

1976(昭和51)年

本社(現新潟工場)第2工場を増設

製品・選手

75年のウィンブルドン選手権ダブルス優勝のプロテニスプレーヤー・アン清村(アメリカ)と契約

ソフトテニスラケットのベストセラー「TS-7000カーボネックス」発売

1977(昭和52)年

有限会社ヨネックススポーツ東京工場(現東京工場・八潮市)にヨネックス体育館を建設

バドミントンコート2面が完備された。

新潟県長岡市にヨネックステニスクラブを開設

製品・選手

テニスラケットに、初めてカーボンとグラスファイバーを複合させた「カーボネックス7、8」を発売

1978(昭和53)年

大阪府大阪市天王寺区に大阪出張所(現大阪支店)を開設

大阪に拠点を作り、西日本地区の営業強化を図った。

ヨネックス貿易株式会社台湾事務所を開設

有限会社ヨネックススポーツ東京工場を株式会社ヨネックス東京工場に組織変更

世界で初めて100gをきったバドミントンラケットを発売

製品・選手

ソフトテニスラケットで、カーボン製の「カーボネックス25、26」を発売

バドミントンラケットで、世界で初めて100gをきった「B-8500、カーボネックス8(写真)」を発売

1979(昭和54)年

東京本店(現本社)ビル竣工

新潟県長岡市にテニスマシーンコート5面を建設

テニスラケットが全米プロテニス協会(USPTA)の公認を受ける

テニス・バドミントン新製品発表受注会を初めて実施

1980(昭和55)年

株式会社ヨネックス東京工場(現東京工場)を増設

画期的なアイソメトリック形状(四角いフレーム)を持つテニスラケットを発売

製品・選手

テニスのトッププロ、ビリー・ジーン・キング(アメリカ)、マルチナ・ナブラチロワ(アメリカ)、ダイアン・フロムホルツ(オーストラリア)と契約

テニスラケットで、アイソメトリック形状(四角いフレーム)を持つデカラケ「R-1、R-2、R-3」を発売

ページのトップへ