BADMINTON NEWS

2022.06.23Matches(大会・試合)ヨネックスバドミントンチームが20年ぶり4回目の頂点に 第72回全日本実業団選手権

『全日本実業団選手権』(大阪府・丸善インテックアリーナ大阪)の各種目決勝が6月19日に行われ、女子決勝でヨネックスバドミントンチームが再春館製薬所との対戦を制して20年ぶりの優勝を飾りました。

大激戦となった再春館製薬所との女子決勝戦。最初のダブルスは、ヨネックスの櫻本絢子/宮浦玲奈が21−8、25−23でストレート勝ちを収め、第2ダブルスでは保原彩夏/杉山明日香がファイナルゲームの大接戦の末敗れ、スコアは1−1。互角の戦いをくり広げました。
シングルスは第1シングルスの木村百伽が健闘も14−21、24−26と惜しくも敗退しましたが、第2シングルスの日本A代表の髙橋明日香、第3シングルスの経験豊富な佐藤冴香が見事に制し逆転で勝利しました。

山田和司監督代行
「このメンバーで優勝することが目標だったので、すごくうれしいです。準決勝、決勝と苦しい展開でしたが、髙橋明日香、佐藤冴香がしっかりと勝ってくれたことが大きかったと思います。今大会はチーム全員で戦えたことが勝因です。応援ありがとうございました。」

関連リンク

TEAM YONEX

©2022 YONEX Co., Ltd.
page top