BADMINTON NEWS

2022.06.21Matches(大会・試合)志田千陽&松山奈未が日本ペア対決を制し優勝!福島由紀&廣田彩花ペアは準優勝 インドネシアオープン

『インドネシアオープン』(Super1000)の各種目決勝が6月19日に行われ、女子ダブルスの志田千陽&松山奈未ペア(再春館製薬所)が日本ペア対決を制して優勝を飾りました。福島由紀&廣田彩花ペア(丸杉)は健闘しましたが惜しくも準優勝となりました。


急成長を見せる志田&松山ペアと、復活を期す福島&廣田ペアとの対決となった女子ダブルス。最終ゲームまでもつれ込み、互いに一歩も引かない大熱戦となりましたが、最後は志田&松山ペアが抜け出し勝利。ワールドツアーの中で最も格式が高く、年間でわずか3大会しかない"Super1000"の舞台で、昨年に続く2連覇を成し遂げました。


混合ダブルスは、ジェン・スーウェイ&ファン・ヤーチョンペア(中国)が渡辺勇大&東野有紗ペア(BIPROGY)を2-0で退け、栄冠を手にしました。3月のヨネックス全英選手権以来の優勝を狙った渡辺&東野ペアは、惜しくも準優勝となりました。

男子シングルスは、世界ランキング1位のビクター・アクセルセン(デンマーク)が、決勝でも圧倒的な強さを見せ、前週のインドネシアマスターズに続く優勝を果たしました。

今大会は3ペアの日本勢が決勝に進出し、成長著しい志田&松山ペアや復活を目指す福島&廣田ペアが活躍を見せるなど、今後の大会に期待の高まる結果となりました。

6月28日からは『マレーシアオープン』(Super750)が始まります。強豪選手達が繰り広げる熱き戦いにぜひご注目ください。

使用用具

東野有紗: NANOFLARE 700EXBOLT 63POWER CUSHION 65 Z
志田千陽: NANOFLARE800NANOGY 95POWER CUSHION 65 Z
松山奈未: NANOFLARE 700NANOGY 95POWER CUSHION 65 Z
福島由紀: ASTROX 88 D PRONANOGY 95POWER CUSHION 65 Z
廣田彩花: ASTROX 88 S PRONANOGY 95POWER CUSHION AERUS Z WOMEN
ジェン・スーウェイ: DUORA 10 LT、 MICRON80POWER CUSHION 65 Z
ファン・ヤーチョン: ASTROX 77AEROBITEPOWER CUSHION 65 Z
ビクター・アクセルセン: ASTROX 100 ZZMICRON80POWER CUSHION 65 Z

関連リンク

>>試合結果
©2022 YONEX Co., Ltd.
page top