BADMINTON NEWS

2021.12.21Matches(大会・試合)保木卓朗&小林優吾ペアが快挙達成!男子ダブルスで日本勢初となる世界一に輝く!山口茜選手は悲願の初優勝! 世界バドミントン選手権大会2021

『世界バドミントン選手権大会2021』(スペイン・ウエルバ)各種目決勝が12月19日に行われ、男子ダブルスの保木卓朗&小林優吾ペア(トナミ運輸)、女子シングルスの山口茜選手(再春館製薬所)が優勝を飾りました。混合ダブルスの渡辺勇大&東野有紗ペア(日本ユニシス)は惜しくも準優勝となりました。

「ワールドツアーファイナルズ2021」で優勝し勢いに乗る保木卓朗&小林優吾ペアはハー・ジーティン&タン・チャンペア(中国)と対決。保木&小林ペアが試合時間わずか38分で制し、悲願の優勝。男子ダブルス史上日本勢初となる快挙を達成しました。

山口茜選手(再春館製薬所)が世界ランキング1位のタイ・ツーイン(チャイニーズタイペイ)に挑んだ女子シングルス決勝は、山口選手が21-14、21-11で快勝し、栄冠を掴み取りました。


混合ダブルスでは、好調を維持するデチャポル・プアヴァラヌクロー&サプシリー・タエラッタナチャイペア(タイ)が、強さを見せつけ5大会連続の優勝を達成。ライバル対決に敗れた渡辺勇大&東野有紗ペアは、惜しくも連続準優勝となりました。


3連覇を狙った永原和可那&松本麻佑ペア(北都銀行)を破り決勝に進出した女子ダブルスのチェン・チンチェン&ジア・イーファンペア(中国)は、イ・ソヒ&シン・スンチャペア(韓国)に2-0でストレート勝ちを収め、優勝を果たしました。
初の栄冠を手にした保木&小林ペアや山口選手など当社用具使用選手が4種目で優勝し、チームヨネックスの活躍が光った世界選手権。2021年のワールドツアーは本大会が最後となりました。

年が明けると、いよいよ2022年シーズンの開幕です。ますます白熱する戦いにぜひご注目ください。

使用用具

山口茜: ASTROX 100 ZZEXBOLT 63、、 POWER CUSHION 65 Z
保木卓朗: ASTROX 100 ZZBG80 POWERPOWER CUSHION AERUS Z MEN
小林優吾: DUORA Z-STRIKEBG80 POWERPOWER CUSHION AERUS Z MEN
東野有紗: NANOFLARE 700EXBOLT 63、POWER CUSHION 65 Z 2
デチャポル・プアヴァラヌクロー: DUORA 10 LTAEROBITE BOOST、 POWER CUSHION 65 Z
サプシリー・タエラッタナチャイ: ASTROX 88 SAEROBITE BOOST、 WOMEN POWER CUSHION 65 Z
チェン・チンチェン: ASTROX 100 ZZAEROBITE、 75TH POWER CUSHION 65 Z
ジア・イーファン: NANOFLARE 800MICRON80、 75TH POWER CUSHION 65 Z
イ・ソヒ: NANOFLARE 700MICRON80POWER CUSHION 65 Z 2
シン・スンチャ: NANOFLARE 700MICRON80POWER CUSHION 65 Z 2

関連リンク

>> 試合結果

©2022 YONEX Co., Ltd.
page top