BADMINTON NEWS

2021.11.30Matches(大会・試合)志田千陽&松山奈未ペアが2大会連続の優勝! 保木卓朗&小林優吾ペア、渡辺勇大&東野有紗ペアは準優勝 インドネシアオープン

『インドネシアオープン』(Super1000)の各種目決勝が11月28日に行われ、女子ダブルスの志田千陽&松山奈未ペア(再春館製薬所)が2大会連続優勝を達成。保木卓朗&小林優吾ペア(トナミ運輸)、渡辺勇大&東野有紗ペア(日本ユニシス)は決勝で破れ惜しくも準優勝となりました。

志田千陽&松山奈未ペアが地元インドネシアのグレイシア・ポリイ&アプリヤニ・ラハユペアと対戦した女子ダブルスは、志田&松山ペアが接戦を制し、前週のインドネシアマスターズに続く2週連続の優勝を果たしました。

2週連続の同カード対決となった男子ダブルスは、保木卓朗&小林優吾ペアがマルクス・F・ギデオン&ケビン・S・スカムルヨペア(インドネシア)に破れ準優勝。世界ランキング1位の貫禄を見せたギデオン&スカムルヨペアが前回の雪辱を果たし、栄冠を手にしました。

10月のヨネックスフランスオープン以来の優勝を狙った混合ダブルスの渡辺勇大&東野有紗ペアは、惜しくも敗れ準優勝。好調を維持するデチャポル・プアヴァラヌクロー&サプシリー・タエラッタナチャイペア(タイ)が2週連続の優勝を飾りました。

男子シングルスでは、世界ランキング2位のビクター・アクセルセン(デンマーク)がロー・ケンイゥ(シンガポール)と対戦。アクセルセンがファイナルゲームまでもつれ込む接戦を制し、10月のデンマークオープン以来の頂点に立ちました。

女子シングルスは、アン・セヨン(韓国)がラチャノック・インタノン(タイ)と対戦。アン・セヨンが21-17、22-20で勝利を収め、こちらも2週連続Vを達成しました。復調の兆しを見せたラチャノック・インタノンは惜しくも準優勝となりました。

今大会は日本勢の優勝は1種目となりましたが、全種目で当社用具使用選手が優勝するなど、チームヨネックスの活躍が光りました。

12月1日からは2021年の各種目上位8選手(組)が年間王者を争うワールドツアーファイナルズが開催されます。今季のチャンピオンを決める熱い戦いにぜひご注目ください。

使用用具

志田千陽: NANOFLARE 800NANOGY 95、 POWER CUSHION 65 Z
松山奈未: NANOFLARE 700NANOGY 95POWER CUSHION 66 Z
保木卓朗: ASTROX 100 ZZBG80 POWERPOWER CUSHION AERUS Z MEN
小林優吾: DUORA Z-STRIKEBG80 POWERPOWER CUSHION AERUS Z MEN
東野有紗: NANOFLARE 700EXBOLT 63、POWER CUSHION 65 Z 2
ビクター・アクセルセン: ASTROX 100 ZZMICRON80、 POWER CUSHION 65 Z
アン・セヨン: ASTROX 77MICRON8075TH POWER CUSHION AERUS Z WOMEN
ラチャノック・インタノン: NANOFLARE 700強チタン75TH POWER CUSHION AERUS Z WOMEN
デチャポル・プアヴァラヌクロー: DUORA 10 LTAEROBITE BOOST、 POWER CUSHION 65 Z
サプシリー・タエラッタナチャイ: ASTROX 88 SAEROBITE BOOST、 WOMEN POWER CUSHION 65 Z
ケビン・S・スカムルヨ: ASTROX 88 S PROAEROBITE BOOST、 POWER CUSHION 65 Z
マルクス・F・ギデオン: ASTROX 88 D PRO強チタンPOWER CUSHION AERUS Z MEN

関連リンク

>> 試合結果

▼ RECENT

ロングセラーARCSABER 11を"Reboot" 新フレーム設計採用でコントロール性と威力が向上したバドミントンラケット「ARCSABER アークセイバー 11 PRO」2022年3月上旬より発売

BOA®フィットシステム採用、包み込むようなフィット感とグリップ性が向上したバドミントンシューズ「POWER CUSHION 88 DIAL」2022年1月下旬より発売

保原彩夏&宮浦玲奈ペアが初優勝を飾る!櫻本絢子&鈴木陽向ペアは準優勝  第75回 全日本総合バドミントン選手権大会

グリップ力とフィット性が向上し高速フットワークを生むバドミントンシューズ「POWER CUSHION 65 Z」シリーズ 2022年1月下旬より発売

保木卓朗&小林優吾ペアが快挙達成!男子ダブルスで日本勢初となる世界一に輝く!山口茜選手は悲願の初優勝! 世界バドミントン選手権大会2021

ヨネックスバドミントンチーム髙畑祐紀子引退のお知らせ

ワールドツアーファイナルズ2021 保木卓朗&小林優吾ペアが世界ランキング1位を破り年間王者のタイトルを獲得!

一部商品価格改定のお知らせ

ヨネックススポーツチャレンジ2021 in 豊田会場開催

志田千陽&松山奈未ペアが2大会連続の優勝! 保木卓朗&小林優吾ペア、渡辺勇大&東野有紗ペアは準優勝 インドネシアオープン

▼ CATEGORY
- Players(選手)
- Matches(大会・試合)
- Events(イベント)
- Products(製品)
- Information(お知らせ)
▼ ARCHIVE
- 2022年
- 2021年
- 2020年
- 2019年
- 2018年
- 2017年
- 2016年
- 2014年
©2022 YONEX Co., Ltd.
page top