BADMINTON NEWS

2019.08.19Matches(大会・試合)ヨネックス秋田マスターズ2019 ヨネックスバドミントンチームの櫻本&高畑ペアが激戦を制して大会連覇!韓国の新星アン・セヨンが大会初優勝を飾る


「ヨネックス秋田マスターズ2019」の各種目決勝が8月18日に秋田県秋田市のCNAアリーナ★あきたで行われ、女子ダブルスでヨネックスバドミントンチームの櫻本絢子&高畑祐紀子ペア、女子シングルスで韓国の17歳の新星アン・セヨンなどが優勝。今大会では、櫻本&高畑ペアが日本勢唯一の優勝となりました。

本大会は東日本大震災の復興や東北地方のバドミントン競技の普及と発展を目的に昨年から開催され、国内ではダイハツ・ヨネックスジャパンオープン(Super750)に次ぐSuper100の国際大会となります。


櫻本&高畑ペアはインドネシアの若手ペアと対戦。第2ゲームを14-21で取り返される非常に苦しい展開の中、ファイナルゲームは序盤から積極的に攻撃を仕掛けて勢いを取り戻し21-15として大会連覇を達成しました。昨シーズンはSuper500のシンガポールオープンを含む7大会で優勝を飾った櫻本&高畑ペア。今季後半戦の戦いに期待が寄せられます。

櫻本&高畑ペア優勝コメント
「大会通して自分達のプレーはできていたので、連覇という目標が達成できてよかったです。二人でもっと高みを目指してDUORA 7と共に頑張ります!引き続きご声援をよろしくお願いいたします!」

女子シングルスでは、弱冠17歳の韓国の若き才能アン・セヨンがノーシードから勝ち上がってきた元日本代表の鈴木温子選手(アメリカンベイプ岐阜)を下して本大会初優勝。ニュージーランドオープン、ヨネックスカナダオープンなどに続き、今季は国際大会で早くも4勝目を挙げました。

アン・セヨン優勝コメント
「苦しい試合だったが優勝できて本当に嬉しい!今使っているASTROX 77はコントロール性がとても良く、自分にとても合っているラケットで心強い。さらに頑張っていきたいです。」

弊社では今大会もシャトルコックやコートマットの提供、ヨネックスストリンギングチームの活動で大会を支えてまいりました。また、新製品展示やNANOFLAREシリーズの振り抜きの良さが体感できる「Rapid Fire Challenge」やサイン会を実施。多くのお客様で賑わいました。


使用用具

櫻本絢子:DUORA7AEROBITEPOWER CUSHION ECLIPSION Z
高畑祐紀子:DUORA7AEROBITEPOWER CUSHION 65Z
アン・セヨン:ASTROX 77BG80POWER CUSHION AERUS 3 WOMEN
使用用具は2019年8月18日現在

関連リンク

>>試合結果
>>ヨネックスバドミントンチーム

©2022 YONEX Co., Ltd.
page top