BADMINTON NEWS

2018.03.12Matches(大会・試合)山口、福島&廣田、井上&金子...ASTROXシリーズが3種目を制覇! ヨネックスドイツオープン

180312162.jpg

『ヨネックスドイツオープン』(Super300/ミュールハイム)の決勝が11日に行われ、男子シングルスでチョウ・ティエンチェ(チャイニーズタイペイ)が優勝したほか、日本勢も山口茜(再春館製薬所)、井上拓斗&金子祐樹(日本ユニシス)、福島由紀&廣田彩花(再春館製薬所)とASTROXシリーズ使用選手が3種目の頂点に立ちました。

ASTROX 77使用の山口、そして本大会からASTROX 88 S、88 Dの使用を始めた福島&廣田、井上&金子と、5種目中3種目でASTROX使用選手が優勝しました!福島&廣田は準決勝でヨネックススイスオープン準優勝ペアをストレートで退けるなど大会2連覇。井上&金子は、決勝で攻撃的なプレーを見せて逆転勝ち。同レベルでは昨年のアメリカオープン以来となるタイトル獲得に頬を緩ませました。



男子シングルスでは、ティエンチェがン・カロン(ホンコンチャイナ)とのDUORA対決を制しました。一方のカロンも、新製品・DUORA 8 XPの使用開始後最初の大会で準優勝。十分な手ごたえをつかんで、『ヨネックス全英選手権』へ弾みをつけています。


使用用具

チョウ・ティエンチェ:DUORA Z-STRIKEMICRON80POWER CUSHION 65Z WIDE
ン・カロン:DUORA 8 XPMICRON80POWER CUSHION AERUS 2 MEN
山口茜:ASTROX 77BG66 ULTIMAXPOWER CUSHION 65Z
井上拓斗:ASTROX 88 SMICRON80
金子祐樹:ASTROX 88 DBG80 POWER
福島由紀:ASTROX 88 DMICRON80POWER CUSHION AERUS2 WOMEN
廣田彩花:ASTROX 88 SNANOGY 95、POWER CUSHION 65

関連リンク

>>試合結果はこちら

©2022 YONEX Co., Ltd.
page top