BADMINTON NEWS

2017.06.01Matches(大会・試合)2017日本ランキングサーキット 桃田賢斗が復帰戦で優勝を飾る!


2017日本ランキングサーキットは5月31日に各種目決勝戦が行われ、昨年4月以来の実戦復帰となった桃田賢斗(NTT東日本)が男子シングルスで優勝を飾りました。

桃田と上田拓馬(日本ユニシス)との決勝戦は、お互いに手の内を知り尽くした同士の激しい一進一退の攻防が繰り広げられ、21-13、14-21、21-19と大接戦の末に、桃田が嬉しい復活優勝を飾りました。

桃田は今後7月5日開幕の全日本実業団選手権(秋田市)に出場予定。どんな活躍を見せてくれるのかに注目です。

●各種目の優勝者
○男子シングルス
桃田賢斗(NTT東日本)
○女子シングルス
仁平菜月(トナミ運輸)
○男子ダブルス
古賀輝&齋藤太一(NTT東日本)
○女子ダブルス
永原和可那&松本麻佑(北都銀行)
○ミックスダブルス
金子祐樹(日本ユニシス)&中西貴映(早稲田大学)

写真提供/バドミントンマガジン

関連リンク

>>日本ランキングサーキット公式サイト

©2021 YONEX Co., Ltd.
page top