BADMINTON NEWS

2017.04.17Matches(大会・試合)サイ・プラネス・Bがインド対決を制してスーパーシリーズ初優勝! シンガポールOPスーパーシリーズ


4月16日まで行われた『シンガポールオープンスーパーシリーズ』(シンガポール)は躍進するインドバドミントン界を象徴するかの ように男子シングルス決勝で同国対決が実現し、世界ランキング30位のサイ・プラネス・B(インド)が同国のスリカンス・キダンビを 破ってスーパーシリーズで初優勝しました。

  


男子ダブルスではマシアス・ボー&カルステン・モゲンセン(デンマーク)が準決勝で、今年負けなしのマルクス・ギデオン&ケビン・サンジャヤ(インドネシア)を ファイナルゲームで制すと、その勢いのまま決勝では中国ペアにストレート(21-13、21-14)で勝利し優勝しました。

 


リオデジャネイロオリンピック決勝戦と同じ対戦となった女子ダブルスは日本代表の高橋礼華&松友美佐紀がクリスティナ・ペダセン&カミラ・リター・ユール(デンマーク)と対戦。 ペダセン&ユールがファイナルゲームに持ち込まれたものの、ライバル対決を制し優勝しました。


女子シングルスはキャロリーナ・マリン(スペイン)が、ミックスダブルスはデチャポル・P&サプシリ・T(タイ)が惜しくも 準優勝となっており、各種目でチームヨネックスの活躍が光ります。



使用用具

サイ・プラネス・B:VOLTRIC80 E-tune
スリカンス・キダンビ:VOLTRIC Z-FORCE Ⅱ
マシアス・ボー:ARCSABER 11
カルステン・モゲンセン:ARCSABER 11
カミラ・リター・ユール:DUORA 10
クリスティナ・ペダセン:DUORA 7
キャロリーナ・マリン:DUORA Z-STRIKE
デチャポル・P:DUORA 10
サプシリ・T:ARCSABER 11

関連リンク

>>試合結果はこちら
©2021 YONEX Co., Ltd.
page top