TENNIS NEWS

2018.02.01Products(製品)新次元カーボン素材による強靭なしなりと復元力で ヘビードライブを生むVCOREシリーズ最上位モデル  『VCORE PRO』2018年3月上旬より発売

ヘビードライブを生むVCORE PRO97と(左)、 ラケットを使用予定のグランドスラム3勝のスタン・ワウリンカ(スイス)


ヨネックスは、アイソメトリック形状による広いスウィートエリアと、新次元カーボン素材「Namd(エヌアムド)※1」による強靭なしなりと復元力で、ヘビードライブ(強烈なスピンと速度で着弾し、バウンド後に弾む)を生むテニスラケットVCOREシリーズの最上位モデル『VCORE PRO(ブイコアプロ)』を2018年3月上旬より発売いたします。

現在の世界トップ選手のテニスは、ベースライン内側から速いテンポでウィナーを狙うスタイルへとますます変化しており、選手は相手の体勢を崩す強力なドライブ性能を求めています。そこでVCORE PROは、強靭なしなりと復元力の新次元カーボン素材「Namd」をシャフト部に搭載し、さらにエネルギーロスの少ないグロメット構造で、スピン性能4%UP※2、スピード2.7%UP※2、バウンド後のボールが弾む高さ10cmUP※2を実現。加速する重いスピンボールで相手を打ち崩し、ウィナーを奪います。グランドスラム3勝のスタン・ワウリンカ(スイス)や全豪オープン2018で男子シングルスベスト4のチョン・ヒョン(韓国)は、2018年3月のBNPパリバ・オープンより使用開始予定です。

※1 Namdは、ニッタ㈱が開発した「ナノ分散カーボンナノチューブを炭素繊維へ均一複合化」する技術です。
※2 弊社スウィングロボット測定データに基づく(弊社従来品比)

弊社独自の形状理論「アイソメトリック」による広いスウィートエリア



「アイソメトリック®」とは、縦・横ストリングの長さを均等に近づけることで、反発や振動が安定し、一般的な円形ラケットに比べてスウィートエリアが7%※広い、弊社独自の形状理論。アイソメトリックの100 inch2は円形ラケットの107inch2に相当します。

※当社調べ

新次元カーボン「Namd(エヌアムド)」が強靭なしなりと復元力を生む



カーボン繊維に結合力の高いカーボンナノチューブを均一に付着させ、樹脂との界面密着が飛躍的に向上。「柔らかい」「硬い」という異なる性能を融合した新カーボン素材をシャフト部分に採用することで、強靭なしなりと復元力を生み出し、ボールに強力なパワーとスピンを与えます。

ボールを潰してパワーを逃さず伝える「LOCK BOOSTER(ロックブースター)」特許出願中



グロメット(ストリングの穴を保護するパーツ)に3本のリブをつけてストリングとの密着度を高め、打球時のエネルギーロスを軽減。ボールを潰し、競技者が求めるバウンド後に加速する重いスピンボールを実現します。

パフォーマンス


スウィングロボット測定データに基づく(弊社従来品比)


関連リンク

>>VCORE PRO 97製品情報
>>VCORE PRO 100製品情報

▼ RECENT

エルベールがVCORE PROで初優勝、国枝慎吾は3年ぶり7度目V 全仏オープン

エルベールがVCORE PROで3度目グランドスラム制覇に王手!

YONEX VAMOS・J 2018が近畿キャンプよりスタート! 今年度のメインテーマは「Find a way(自分で道を切り開け)」

ヨネックスレディースチャレンジカップ2018開幕!女王の座に輝くのはどのペアか

ジョンソンがVCORE SVのスピン&コントロールで大会連覇 US男子クレーコート選手権

大坂なおみがビッグトーナメントでツアー初V BNPパリバ・オープン

アメリカ『テニスマガジン』でVCORE PROがベストプレーヤーフレーム賞!「堅実な打感でしっかりボールを叩けて正確なショットが打てる」

「想像以上のスピン」「ツアースペックなのに難しくない」
230名以上参加のVCORE PRO & POLYTOUR STRIKE新製品発表イベントがインディアンウェルズで開催

NextGenのティアフォが念願のツアー初V!ベスト4の内3選手がVCOREを使用 デルレイビーチ・オープン

「夢に向かって頑張りたい」プロやトップジュニアが参加したジュニア育成キャンプ VAMOS・J in クロアチア

▼ CATEGORY
- Players(選手)
- Matches(大会・試合)
- Events(イベント)
- Products(製品)
- Information(お知らせ)
▼ ARCHIVE
- 2018年
- 2017年
- 2016年
- 2015年
- 2014年
© 2018 YONEX Co., Ltd.
page top