TENNIS NEWS

2017.01.27Matches(大会・試合)全豪オープンを匠の技で支えるヨネックスストリンギングチーム ~マーク・マスロフスキー~



全豪オープン期間中、匠の技で選手のプレーを支えるヨネックスストリンギングチーム。 縁の下の力持ちであるチームメンバーから1人ずつ紹介します!

5人目はチームの大黒柱ドイツのマーク・マスロフスキー。 ストリンギングに真摯で、トッププロのストリングを数多く張ってきたベテランストリンガーです。 「選手のレベルが上がるにつれストリングへの意識も高まっていきます。ニック・キリオスは 16、17歳の頃はあまり気にせず、Top50を切ってから"パワー負けしたくない" "苦しいボールをコントロールしたい"とストリンギングを気にするようになりました。 シビアな世界が感覚を育てます」

―ストリンガーになったきっかけ、またどのようにトリンギング技術を学んだか
大学生時代、自分がテニスをする時に張り代が高く、またストリングの張りが柔らかかったり 硬すぎることがあったので、それなら自分で張ろうと思ったのがきっかけだよ。 他の人の張りを見て真似て、どうしたら自分のスキルを向上できるかと様々な人に アドバイスをもらい続けたんだ。

―張りで心がけていること
作業中は気が散らないよう会話をあまりしない、電話に出ない。 無駄のないよう作業に集中しているよ。

―ストリンガーを目指す方にアドバイス
私は独学で始めたけど、自分だけでなく常にプロや先輩にアドバイスを聞くことが大事。 間違いが必ず起こるので、上手なストリンガーに聞くことで早く成長できるんだ。

―ユーザーへアドバイス
プロのストリンガーに張ってもらうのが一番。ストリンガーは"医者"と同じで、 どんなストリング、テンションが良いか、プレーに合わせて"処方"してくれるから、 どんどん相談した方が良いよ。

関連リンク

>> ヨネックスストリンギングチーム特設サイト
▼ RECENT

スペシャルイベント招待など豪華賞品をゲット! NEW EZONEデビューキャンペーン

「爆発的パワーでエースを奪える」バンダウェイがNew EZONEで単準V、複V! バンク・オブ・ザ・ウェスト・クラシック

四隅を広げたアイソメトリック形状でシリーズ最大のスウィートエリアを達成。 フレームトップ部でも威力あるショットを可能にする新『EZONE(イーゾーン)』シリーズ 2017年9月上旬より発売

ヒンギス23度目のグランドスラムタイトル獲得!ジュニア勢も男女ダブルス決勝に6人が残る大活躍 ウィンブルドン選手権

ウィンブルドンも後半戦に突入!チームヨネックス新加入のアザレンカら5選手が16強

元世界ランキング1位・ツアー通算26勝の実力者 ビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)と用具使用契約締結 ヨネックスで再び頂点へ!

ジュニア選手育成プロジェクトYONEX VAMOS・J 2017関東キャンプ開催「楽を選ぶな、努力の姿勢が成功を生む!」

ルールブックケース(BAG1799)対象競技未記載のお詫び

セバストバが復帰後初タイトル!マヨルカ・オープン優勝で7年ぶりツアー2勝目を飾る

全国大会優勝者はオーストラリア旅行にペアでご招待!「ヨネックスレディースチャレンジカップ2017」参加者募集中

▼ CATEGORY
- Players(選手)
- Matches(大会・試合)
- Events(イベント)
- Products(製品)
- Information(お知らせ)
▼ ARCHIVE
- 2017年
- 2016年
- 2015年
- 2014年
© 2017 YONEX Co., Ltd.
page top