TENNIS NEWS

2017.01.20Matches(大会・試合)全豪オープンを匠の技で支えるヨネックスストリンギングチーム ~日本人ストリンガー中村伸治~



全豪オープン期間中、匠の技で選手のプレーを支えるヨネックスストリンギングチーム。 縁の下の力持ちであるチームメンバーから1人ずつ紹介します!

2人目は日本人ストリンガーの中村伸治さん。京都のテニス専門店「テニスピット」 の店長で、東レPPO、楽天ジャパンOPといった国際大会に常連のストリンガーです。 明るくお話し好きで、単語とボディランゲージを駆使して外国人ストリンガーとの コミュニケーションもおてのものです。

―ストリンガーになったきっかけ、またどのようにトリンギング技術を学んだか
元々テニスが好きでプレーしていたのですが、スポーツ用品店に勤める時に自分で張ってみようと思ったのがきっかけです。初めは独学で張っていましたが、わからない部分や自分がどう張っていくかを確認するために、日本ラケットストリンガーズ協会に入りました。そこで沢山のことを教えていただき、同業者との繋がりができ学ぶことが多かったです。

―張りで心がけていること
常に安定した張りを心がけています。ラケットやストリングによる特性を十分に理解した上で多少の味付けをします。感覚的な作業なので説明するのが難しいですね(汗)職人技ということで!

―チームの雰囲気
色んな大会で張っている実力派揃いなので、とても頼りになります。すごくフレンドリーで良いチームですね。

―ユーザーへ張替えのアドバイス
試合前には必ず複数本(5セットマッチなら4~5本)を同じテンションにしておくことが必要だと思います。試合中にストリングが切れるなどアクシデントがあっても、大きな感覚の差がなくプレーに集中できます。

関連リンク

>> ヨネックスストリンギングチーム特設サイト
© 2017 YONEX Co., Ltd.
page top