SOFT TENNIS NEWS

2021.06.22Players(選手)船水(颯)・髙橋ペアが初代王者に 全日本ミックスダブルス選手権大会

2106211000_01.jpg

6月19、20日に愛媛県総合運動公園で「第2回全日本ミックスダブルスソフトテニス選手権大会」が開催され、船水颯人・髙橋乃綾ペア(稲門クラブ/どんぐり北広島)が初代王者※に輝きました。

船水(颯)は当初欠場予定でしたが急遽エントリー。ぶっつけ本番となりましたが、日本代表での経験値を生かし、準々決勝で内本隆文・吉田澪奈ペア(NTT西日本/東京女子体育大)、準決勝で上岡俊介・石井友梨ペア(同志社大/ワタキューセイモア)を破り決勝に進出。

決勝戦は黒田奈穂子・内田理久ペア(日体桜友会/NTT西日本)と対戦し、船水・髙橋ペアがスライスやカットサーブを駆使してダブルフォワードで攻め抜き、G④-0で勝利を収めました。

船水(颯)は「2019年天皇杯以来の全日本タイトルを獲得できて素直に嬉しいです。ミックス特有の展開の中で、ペアの高橋選手の踏ん張りと決断力のおかげで、数少ないチャンスを活かすことができました。全試合運動量を上げて、攻め続けることができました。たくさんのご声援ありがとうございました」とコメントしています。

引き続きご声援よろしくお願いします。

※2020年の第1回大会は新型コロナウイルスの影響で中止。

2106211000_02.jpg

使用用具

船水颯人: F-LASER 9S75周年記念モデル

©2021 YONEX Co., Ltd.
page top