SOFT TENNIS NEWS

2020.12.23Information(お知らせ)大井樹来、現役引退のお知らせ

2012231700_01.jpg

ヨネックス実業団チーム所属の大井樹来が、12月13日まで開催された日本リーグを最後に現役引退することとなりましたのでお知らせします。

大井は2013年の全日本高校総体3位など学生時代から活躍し、2015年に高岡西高校から入社。2017年東日本選手権優勝、2019年全日本社会人選手権3位、日本リーグ優勝3回、全日本実業団選手権優勝2回と、チームを引き上げる活躍をしました。


大井樹来から応援してくださった皆様へ
「先日の日本リーグをもちまして、選手としての活動を終え、引退しました。全国で講習会やイベントなどでお世話になった皆様、いつも温かいご声援を頂き、ありがとうございました。

入社から6年、結果が残せず苦しく辛いことの方が多かったですが、講習会通して出逢った方々にいつも元気を頂き、応援して頂いたことが私の原動力となりました。今まで関わって下さった全ての皆様のお陰で、最後まで後悔なくやりきることができました。そしてヨネックスという最高のチーム、仲間と競技に打ち込むことができ、とても幸せでした。

ここまでソフトテニスを続けてこれたのは、家族、恩師の先生方、監督、チームメイト、社員の皆様、沢山の方々のお陰だと思っています。今後は一線を退きますが、経験してきたことを活かし、今まで支えてくださった方々に恩返しができるよう、私らしく頑張っていきたいと思います。

最後になりますが、ヨネックスソフトテニスチームの応援を、今後ともよろしくお願い致します。ありがとうございました。」

©2021 YONEX Co., Ltd.
page top