BADMINTON NEWS

2017.10.04Matches(大会・試合)日本初のパラバドミントン国際大会に世界28ヶ国から約180選手が参加!ヨネックスもオフィシャルサプライヤーとして大会をサポート

ヨネックス所属の豊田まみ子もSU5クラスに出場


『ヒューリック・ダイハツJAPANパラバドミントン国際大会2017』(9月7日~10日、東京・町田市立総合体育館)で、ヨネックスはオフィシャルサプライヤーを務めました。日本初の国際大会として大きな注目を浴びる中、ヨネックスストリンギングチームによるストリンギングサービス、シャトルやコートマットの提供などでサポートしました。

世界28ヶ国から約180の選手が参加し、これまでにない大きな国際大会となりました。2020年東京パラリンピックからパラバドミントンが正式競技となることもあり、大会期間中は述べ3,500人を超える大観衆が声援を送り「パラバドミントンの迫力に驚かされた」などと、シャトルを懸命に追いかける選手たちに釘づけになっていました。

また、決勝戦後にはこちらも日本初開催となる『The Legends' Vision』を開催。世界のバドミントンを牽引するピーター・ゲード(デンマーク)、リン・ダン(中国)、リー・チョンウェイ(マレーシア)、タウフィック・ヒダヤット(インドネシア)、イ・ヨンデ(韓国)のレジェンド達が主宰するバドミントンの普及・発展活動に3,200人が詰めかけ、会場は熱狂の渦に包まれました。

ヨネックスはこれからもバドミントンとパラバドミントンの普及・発展に務めてまいります。

各種目優勝者

男子シングルス 女子シングルス
SL3(立位下肢障がい)
藤原大輔(LINE) Parul Dalsukhbhai Parmar(インド)
SL4(立位下肢障がい)
Lucas Mazur(フランス) Hefang Cheng(中国)
SS6(低身長)
Jack Shephard(イングランド) Rachel Choong(イングランド)
SU5(立位上肢障がい)
Liek Hou Cheah(マレーシア) 鈴木亜弥子(七十七銀行)
WH1(車いす)
Dong Seop Lee(韓国) Sujirat Pookkham(タイ)
WH2(車いす)
Jung Jun Kim(韓国) 山崎悠麻(調布市役所)
男子ダブルス 女子ダブルス
SL3-SL4(立位下肢障がい) SL3-SU5(立位下肢障がい・立位上肢障がい)
Daniel Bethell(イングランド)
Bobby Griffin(イングランド)
Manasi Girishchandra Joshi(インド)
Qiuxia Yang(中国)
SU5(立位上肢障がい) SS6(エキシビジョン 低身長)
Liek Hou Cheah(マレーシア)
Hairol Fozi Saaba(マレーシア)
Maria Bartusz(ポーランド)
England Rachel Choong(イングランド)
WH1-WH2(車いす)
Kyung Hoon Kim(韓国)
Sam Seop Lee(韓国)
Sujirat Pookkham(タイ)
Amnouy Wetwithan(タイ)
WH1(車いす)
Dong Seop Lee(韓国)
WH2(車いす)
Jung Jun Kim(韓国)
ミックスダブルス ダブルス
SS6(低身長)
Niall Mcveigh(アイルランド)
Rachel Choong(イングランド)
Krysten Coombs(イングランド)
Jack Shephard(イングランド)
WH1-WH2(車いす)
Jung Jun Kim(韓国)
Seung Suk Kim(韓国)
SL3-SU5(立位下肢障がい・立位上肢障がい)
Wie Ou(中国)
Hefang Cheng(中国)
参加国・地域一覧
アイルランド イスラエル
イタリア イングランド
インド オーストラリア
オランダ カナダ
韓国 スイス
スウェーデン スコットランド
スペイン タイ
チャイニーズタイペイ デンマーク
ドイツ トンガ
中国 日本
ニュージーランド フランス
ベルギー ポーランド
香港 マレーシア
ノルウェー ロシア

関連リンク

>>ヨネックスはパラバドミントンを応援します
>>日本障がい者パラバドミントン連盟

© 2017 YONEX Co., Ltd.
page top