TENNIS NEWS

2016.05.30Matches(大会・試合)男子準優勝、女子とクアードは3位入賞!車いすテニス世界国別選手権

1605301700_1.jpg

男子日本代表 左から齋田 悟司、三木 拓也、眞田 卓(後列中央)、国枝 慎吾


28日、車いすテニス世界国別選手権の男子決勝が行われ、2007年以来の優勝を狙った日本はフランスに0-2で敗れ準優勝となりました。シングルス2に眞田卓選手、シングルス1に国枝慎吾選手で挑み、それぞれ世界ランク3位と1位の選手に善戦しましたがともに敗退。しかし、約4,000人の声援を受け、ファイトする選手のプレーは多くの感動を呼びました。

国枝選手は「手術後の復帰戦でどこまでできるか手探りだった。復帰戦は終わり、あとはリオデジャネイロを目指すだけ。来週からの全仏オープンでリベンジして、リオに向けて弾みを付けたい。あと3カ月ある、感触は掴めている」と力強く語りました。

全日程が終了し、女子とクアード(四肢まひのクラス)は3位、ジュニアは7位という結果で終わりました。

1605301700_2.jpg

女子日本代表 左から堂森 佳南子、田中 愛美、二條 実穂、上地 結衣


1605301700_3.jpg

クアード日本代表 左から古賀 貴裕、川野 将太、橘 信宏(コーチ)、諸石 光照、平田 眞一


1605301700_4.jpg

ジュニア日本代表 左から細井 誠二郎、高野 頌吾、船水 梓緒里、清水 克起



1605301700_5.jpg
1605301700_6.jpg ヨネックスは車いすテニスの世界国別対抗戦日本代表のチームウェアを提供し、大会のオフィシャルストリンガーを務めました。今後も選手がより高いパフォーマンスを発揮できるようサポートしていきます。

眞田卓選手使用用具

VCORE Duel G 100POLYTOUR PRO 125

関連リンク

>>BNP PARIBAS WORLD TEAM CUP公式サイト(ルールや歴史などもご覧いただけます)
>>車いすテニス国別対抗戦が日本で初開催!日本代表眞田卓選手インタビュー
>>日本男子決勝進出!2007年以来の優勝に期待。車いすテニス世界国別対抗戦
©2020 YONEX Co., Ltd.
page top