TENNIS NEWS

2015.03.02Events(イベント)【またまた最速記録更新】最速194km/h!VコアツアーFサーブスピードチャレンジin茨城&愛知

サーブスピード最速194km/hを記録し茨城会場優勝の大谷 享弘さん


ヨネックスは、3月1日に茨城と愛知にてサーブスピード6%アップの新製品VコアツアーF体感イベント"VコアツアーFサーブスピードチャレンジ"を開催しました。

2月末に発売となった新製品VコアツアーFは、フレームトップに搭載された"エアロフィン"によって空気抵抗が14%低減し、サーブスピードが6%アップするというデータが実証されています。

同イベントでは、VコアツアーFを使用したサーブスピードコンテストを実施。当社従来品とVコアツアーFの両方でサーブを打っていただき、スマートテニスセンサーで測定してスピードを競っていただくと同時に、VコアツアーFの高速サーブを体感していただきます。

今回のサーブスピードチャレンジの結果は下記の通りです。

■茨城会場(3月1日/CSJ)
優勝 大谷享弘さん 194km/h(最速記録更新)

■愛知会場(3月1日/アズールテニスアカデミー)
優勝 森岡秀治 172 km/h

茨城会場で194km/hを記録し優勝した大谷さんは、他会場で記録されていた最速記録を抜いて現時点でサーブスピードランキングトップとなりました。

谷さんのコメント
「振り抜きがとても良かったです。普段使用しているラケットはヘッドヘビーなので、VコアツアーFをカスタムしてヘッドヘビーで使用してみたいですね。従来品と比べて、テンションが違うのではないかと思うほど反発力が良かったです。スウィングスピードが上がりました」

大谷さんは、従来品とVコアツアーFを使用した時と比較してサーブスピードが14km/hアップ、また、参加者全体を見ても茨城会場で16人中13人、愛知会場で22人中15人がスピードアップという結果となりました。

今後、同イベントの参加者を募集していく予定です。サーブに自信のある方、ぜひご参加ください!

茨城会場に参加いただいた皆さん


愛知会場に参加いただいた皆さん


愛知会場優勝の森岡秀治さん


関連リンク

>>VコアツアーFサーブスピードチャレンジページ
>>VCORE TourF 93
>>VCORE TourF 97

▼ RECENT

スマホで簡単在庫検索!「ヨネックス在庫ナビ」サービス開始!

「パワーが勝利の要因」国枝がNEW EZONEでグランドスラム50勝!
チームヨネックス4冠達成 全豪オープン2020

2014年覇者ワウリンカが全豪オープン8強入り! NEW EZONEでキリオスが今大会最多エース

キリオスのNKファンデーションとのオフィシャルパートナーシップを発表

新機能・設計が選手のパフォーマンスを高める国内自社工場製ストリンギングマシン 「PRECISION 9.0」(プレシジョン9.0) 2020年3月下旬より発売

2020年最初のグランドスラム・全豪オープンに世界ランキング上位のチームヨネックスが参戦!

全豪OPプレーヤーズパーティーでNEW EZONEをお披露目! NKファンデーションとのサポートを発表

全豪オープン2020選手着用ウェア&シューズに注目!

パワークッション®プラスと新形状パワーカーボンが安定性と次の一歩を踏み出す推進力を生むテニスシューズ「ECLIPSION 3」2020年2月下旬より発売

~トップ選手も認めるストリンギングを匠の技術で提供~ ヨネックスは5年連続で「全豪オープンオフィシャルストリンガー」を務めます

▼ CATEGORY
- Players(選手)
- Matches(大会・試合)
- Events(イベント)
- Products(製品)
- Information(お知らせ)
▼ ARCHIVE
- 2020年
- 2019年
- 2018年
- 2017年
- 2016年
- 2015年
- 2014年
©2020 YONEX Co., Ltd.
page top