YONEX

TENNIS NEWS

2016.09.16Products(製品)

次世代のNo.1候補N・キリオスが選んだ 高次元のスピードショットを生む最先端「ナノメトリックDR」を搭載  「EZONE DR」新デザイン2016年10月上旬発売

EZONE DR 98 新デザイン「ブラック/ブルー」


ヨネックスは、2015年10月に次世代航空宇宙用途向けに開発された"高弾性"かつ"高強度"なカーボンをテニス業界で初めて使用し、さらなるスピードショットを可能にするテニスラケット『EZONE DR(イーゾーン ディーアール)』を発売し、プロからアマチュアに至るまでその高性能に非常に好評をいただいておりますが、このたび新デザイン「ブラック/ブルー」を2016年10月上旬より発売致します。

このラケットは、ATPツアーが選ぶNext Generation2016キャンペーンの筆頭となっているトッププロN・キリオスの助言をもとに新たにデザインされたもので、より攻撃的な同プロのショットをイメージできるカラーリングに仕上げました。

キリオスは最初に見た時から非常に気に入り「とてもかっこいいデザインだね。青い稲妻が切り裂くようなイメージで、大胆な僕のプレイにあっているね。」とコメントしています。キリオスは本年10月開催の「楽天ジャパンオープン」からこのラケットを使用開始予定とし、世界No.1にむけたさらなる躍進が注目されます。

【製品特長】

○"反発"と"粘り"を高次元で両立した素材「ナノメトリックDR」をフレーム内側に搭載。しなってから瞬時に復元することでラケットのパワーが向上します。

○ストリングの振幅が均一になる様、グロメット(ストリングを保護するパーツ)の内径と形を6段階に設計。スウィートエリアが3%※拡大し、オフセンターでのショットの威力を高めました。

○縦・横ストリングの長さを均一に近づけることでスウィートエリアを拡大する、当社独自の四角いフレーム形状「アイソメトリック」を採用しています。

※当社調べ

テクノロジー

「ナノメトリック※1DR」
テニス業界で世界初※2、東レ(株)の次世代航空宇宙用素材を採用。当社独自のナノサイエンス技術で組み上げ、"粘り強さ"と"反発性能"を高い次元で両立する素材です。フレーム内側の2時~10時の位置に搭載することで、しなってから瞬時に復元し、スピードショットを可能にします。


※当社調べ

※1 ナノメトリックは、東レ㈱のナノアロイ®テクノロジーを応用した素材です。
※2 世界初は2015年6月時点。

6段設計の新グロメット設計
ストリング1本1本の固有振幅(たわみ)を測定し、ストリングの振幅幅が均一になる様にグロメット(ストリングを守る保護パーツ)の穴の大きさ・形を6段階に分けて設計。スウィートエリアが3%拡大し、オフセンターのパワーを向上しました。


アイソメトリック
「アイソメトリック®」とは、縦・横ストリングの長さを均一に近づけることで、ストリングの有効可動域を広げ、一般的な円形ラケットに比べてスウィートエリアが7%広い、当社独自の四角いフレーム形状です。アイソメトリックの98 inch2は円形ラケットの105 inch2に相当します。


※当社調べ

他社主力品とEZONE DR の比較データ


現代のパワーテニスでは、トップレベルのゲーム程厳しいコースへのショットが多く、打点は一定ではありません。「EZONE DR」はスウィートエリアを広げてオフセンターのパワーを向上させたことで、サーブのリターンや走らされた劣勢な状況でも、攻めに転じる力強いショットを打つことができます。

※当社調べ

製品概要