YONEX

TENNIS NEWS

2016.07.11Players(選手)

ウィンブルドン選手権ケルバー準V!エルベール男子複V!POLYTOUR FIREが4大大会タイトル獲得の因子に

1607111200_1.jpg 7月9日、イギリスで行われたウィンブルドン女子シングルス決勝で、アンジェリク・ケルバー(ドイツ)が世界女王のセレナ・ウィリアムズ(アメリカ)に5-7、3-6で惜しくも破れましたが、準優勝を果たしました。

1607111200_22.jpg 今大会ケルバーは、1セットも落とさず全豪オープン以来2度目のグランドスラム決勝の舞台に挑みました。持ち前の粘り強さと鋭いカウンターショットでプレッシャーを与え、ロングラリーではチャンスを伺いながら相手のミスを誘いました。しかし、相手のパワーのあるファーストサーブなどで要所を抑えられ全豪オープンの再現とはなりませんでした。今大会の結果、ケルバーの世界ランキングは再び2位に浮上し世界の頂点まであと一歩に迫っています。

1607111200_3.jpg また、男子ダブルス決勝では、ピエール・ウゲス・エルベール&ニコラ・マウがジュリアン・ベネトー&エドゥアール・ロジェ バセランとのフランスペア対決を6-4、7-6(1)、6-3で制し、ウィンブルドン初制覇を達成しました。第1シードの実力を見せ、第2セットのタイブレークでは攻撃的な好プレーで流れを引き寄せました。2人にとって2度目のグランドスラムタイトル獲得です。

1607111200_4.jpg

ケルバーとエルベールは、今季から弾きとコントロールに優れたストリング「POLYTOUR FIRE」を使用開始し、全豪オープン(ケルバー)、今回のウィンブルドン(エルベール)とグランドスラムタイトルを獲得しています。ケルバーは「スピン、パワー、コントロールの全てが良くなりました。ストリングの変更が1番良い決断でした」と絶大な信頼を寄せています。

さらに、ジュニア女子シングルス決勝では、準決勝で第1シードを破った16歳のダヤナ・ヤストレムスカ(ウクライナ)が初のグランドスラムジュニア決勝で準優勝を果たしています。

1607111200_5.jpg

使用用具

アンジェリク・ケルバー:VCORE Si100POLYTOUR FIRE 120
ピエール・ウゲス・エルベール:VCORE Duel G 97、POLYTOUR FIRE 125
ダヤナ・ヤストレムスカ: EZONE DR 100、 POLYTOUR PRO 125/ POLYTOUR SPIN

関連リンク

>>アンジェリク・ケルバー プロフィール
>>ピエール・ウゲス・エルベール プロフィール
>>VCORE Duel G特設サイト
>>EZONE DR公式サイト