YONEX

TENNIS NEWS

2016.05.12Events(イベント)

YONEX VAMOS・J 2016が近畿キャンプよりスタート! 今年度のメインテーマは「フィードバック」

1605121730_1.jpg
世界に通用するジュニア選手育成プロジェクトYONEX VAMOS・Jの近畿キャンプが5月6日~8日まで兵庫県ビーンズドームで行われました。

この活動は、テニス界を牽引する指導者による最新のコーチング、トレーニング技術によって、日本のジュニアのレベルアップを図り、世界で活躍する選手の育成を目的としています。指導陣は元デビス杯監督や現ジュニアフェド杯監督、公認トレーナーと3日間のキャンプで手厚く指導を行います。

今年度のメインテーマは「フィードバック」と「クイックネス」
トップ選手は、試合後のインタビューでポイントや試合の流れをはっきりと答えることができます。 3セットマッチで少なくとも70、80ポイント以上プレーする中、正しく評価して都度エラーを修正 しているためです。トップ選手は、事象を正しく判断し改善する問題解決のプロフェッショナルと言えます。

今年度はそんな「フィードバック」をメインテーマに掲げ、ジュニアはフィードバックシートを活用して、 マッチ後にターニングポイント、評価、どう改善するかを考えました。

また、トレーニングでは正しい動作を効率よく早く行う「クイックネス」を目標に、身体づくりに励みました。 本キャンプでは、技術や戦術を伝えるだけでなく、絶対基礎となる正確な身体の使い方を丁寧に教え込みます。 ジュニアからは「参加できて本当によかった。普段のレッスンに取り入れたい」と声が聞かれ、 内容の濃いキャンプとなりました。

今年度も全国でキャンプを行っていきます!

1605121730_2.jpg
1605121730_3.jpg 参加コーチ:中山芳徳、後藤健介、竹内映二、兼城悦子、小畑沙織、金子和宏 など