YONEX

TENNIS NEWS

2016.05.10Matches(大会・試合)

「EZONEを信頼して1本1本集中できた」桑田がTop100を破りキャリア最大V カンガルーカップ国際女子

1605101500.jpg 5月8日、国内女子国際大会では東レPPOに次ぐ規模のカンガルーカップ国際女子オープンのシングルス決勝が行われ、桑田寛子(島津製作所)が、第1シードのワン・チャン(中国)を6-2、2-6、6-4で下し優勝を飾りました。さらにダブルスでも準優勝を果たしています。

桑田はキレのあるフォアハンドを武器に粘り勝ちし、「Top100の選手に勝つことができ、7.5万ドル大会で初めて優勝できて心から嬉しいです! EZONEのパワーとコントロールを信頼して、1本1本集中して打つことができました。福岡国際女子が続くので、そこでも結果を残せるよう頑張ります」とコメントしています。

桑田は大学テニス部出身で、卒業後にプロ転向した遅咲きの選手です。昨年は全日本選手権で初優勝を果たし、今回キャリア最大のタイトル獲得で国際大会通算6勝目を飾っています。

※写真は全豪オープン2016

使用用具

桑田寛子:EZONE DR 100POLYTOUR PRO 125、当社ウェア、当社シューズ
ワン・チャン:VCORE Tour F 97POLYTOUR SPIN

関連リンク

>>EZONE DR特設サイト
>>テニスウェア特設サイト