YONEX

TENNIS NEWS

2016.04.25Players(選手)

ケルバーが同郷対決を制し初の大会連覇 ポルシェ・テニス・グランプリ 「ストリングを変えて全てが良くなった」

1604251500_1.jpg 24日、WTAプレミアのポルシェ・テニス・グランプリ(ドイツ)シングルス決勝が行われ、アンジェリク・ケルバー(ドイツ)がラウラ・シグムンド(ドイツ)を6-4、6-0で制し、自身初の連覇を達成しました。

シグムンドは今大会、第4シードのシモナ・ハレプ(ルーマニア)、第6シードのロベルタ・ビンチ(イタリア)、第2シードのアニエスカ・ラドワンスカ(ポーランド)を破り、怒涛の勢いで決勝に進んでいました。

対する全豪オープン女王のケルバーは落ち着いていました。シグムンドのドロップショットなどコートを広く使ったプレーに、走って粘り逆に相手のミスを誘います。強靭な足腰、そして使用するVCORE Siと「スピン、パワー、コントロールの全てが良くなった」と話すPOLYTOUR FIRE がプレーを支え、ストレートで同郷対決を制しました。WTAツアー9つ目のタイトル獲得です。

全仏オープン前哨戦を素晴らしい形で勝利したケルバー選手の今後の活躍に注目です。

使用用具

アンジェリク・ケルバー:VCORE Si100POLYTOUR FIRE 120

関連リンク

>>アンジェリク・ケルバー プロフィール