YONEX

TENNIS NEWS

2016.01.15Products(製品)

新構造のグロメットでボールを潰して生まれる重加速スピン「VCORE Duel G(Vコア デュエルG)」2016年3月上旬発売

左から、VCORE Duel G 97、VCORE Duel G 100


※画像をクリックするとVCORE Duel G特設サイトに移動します。



ヨネックスは、新構造のグロメットでボールを潰し、バウンド後に伸びる威力あるスピンショットを可能にするテニスラケット『VCORE Duel G(Vコア デュエルG)』を2016年3月上旬より発売いたします。世界ランキング4位※のスタン・ワウリンカ選手は、使用開始後ATPツアーのチェンナイ・オープン(インド/1月4~10日)で優勝を飾り、"より攻撃的なスピンが打てる"と信頼を置いています。


<製品特長>

○グロメットに3本のリブをつけることでストリングが密着し、打球時のパワーロスを軽減。ボールをしっかりと潰せることで、威力あるスピンショットを可能にします。さらに、グロメットの筒周りを肉厚に設計することで、ストリングのトランポリン効果を生み、反発を向上させています。

○反発性と柔軟性のある新素材をシャフト上部に搭載。ホールド性を高めると同時に、しなった後の復元するスピードが早まり、パワーが向上しました。

※ランキングは2016年1月11日現在

テクノロジー

ボールを潰してパワーを逃さず伝える 新構造「LOCK BOOSTER」

グロメット(ストリングの穴を保護するパーツ)に3本のリブをつけた新構造のグロメット「LOCK BOOSTER」をフレームサイド上部に搭載。ストリングとの密着度を高めて打球時のパワーロスを軽減し、ボールを潰して(変形量従来比3.2%UP)重たく加速するスピンを実現します。また、グロメットの筒周りを肉厚に設計し、ストリングの有効長をとって反発性能がアップしています。



ホールド性能とパワーを向上 「タフGファイバー」

カーボンの約3倍の柔軟性をもつグラスファイバーに、カーボンナノチューブを複合した新素材「タフGファイバー」をシャフト上部に搭載。ホールド性能と反発が向上し、緻密なコントロールを可能にします。さらに、ラケットのしなる位置を従来よりも高めに設定したことで、しなった後すぐに復元し、ショットの威力を高めます。



スウィートエリアを拡大 当社独自のアイソメトリック

「アイソメトリック®」とは、縦・横ストリングの長さを均一に近づけることで、ストリングの有効可動域を広げ、一般的な円形ラケットに比べてスウィートエリアが7%※広い、当社独自の四角いフレーム形状です。アイソメトリックの100 inch2は円形ラケットの107 inch2に相当します。


従来品との比較データ(マシンによる測定)


※画像をクリックし詳細をご覧ください。

「VCORE Duel G」はバウンド後も加速する威力あるスピンとホールド性能で、ハイスピードなラリーでも打ち負けないパワーと攻撃の糸口となる緻密なコントロールを可能にします。

関連リンク

>>VCORE Duel G 97製品情報
>>VCORE Duel G 100製品情報