YONEX

TENNIS NEWS

2015.05.14Products(製品)

ダブルスプレイヤーに向け、鋭い弾きでボレーの決定力が向上!クルム伊達公子使用モデルS-FiT Radia 2015年6月中旬発売


左から、S-FiT Radia、SF Radia 25


ヨネックスは、ダブルス主体のプレーヤーに向けて手元の反発性能を向上させ、ボレーの決定力を高めたテニスラケット『S-FiT Radia(S-フィット ラディア)』を2015年6月中旬※1より発売いたします。

<製品特長>

○特に手元近くで打球することが多い女性プレイヤーでも鋭く、正確なボレーを可能とするため、フレーム下部に高剛性・軽量性を併せ持つ素材「ナノメトリック※2」を搭載。反発性と面安定性を高めました。

○グリップ内部に「クウェークシャットゲル」という制震効果のある素材を搭載することで、不快な振動を軽減し、手に優しい打球感を実現します。

※1 SF Radia 25は7月上旬発売。
※2 ナノメトリックは、東レ(株)のナノアロイ®テクノロジーを応用した新素材です。



Radiaとは【Radiant:光り輝く】を引用した造語で、プレーヤーが輝きを放ってプレーできるようにとの思いが込められています。


クルム伊達公子選手コメント
「私の要望に合ったパワーテニスに対しても打ち負けない生きたボールが打てるので、展開の速い、相手の時間を奪うテニスができます。デザインを監修させていただき、今までにないカラー、デザインとなっていて、凄くモチベーションが上がります」

テクノロジー

ナノサイエンスの素材「ナノメトリック」
ナノメトリックとは、カーボン繊維1本1本を隙間なくコーティングすることで、一般的なカーボン複合材より衝撃強度を向上させた素材です。フレーム下部に搭載することで下方エリアを強化し、打球時の捻じれや振動を防止してパワーを逃さずボールに伝えます。また、面が安定することでコントロール性がアップし、安定した弾道を可能にします。





クウェークシャットゲル
家電製品などのモーターの振動・衝撃の減衰、また、制震にも使われる振動吸収素材をグリップ内部に搭載。振動減衰約50%※として、手に伝わる不快な振動を軽減し、心地よく爽快な打球感としました。


※レディース向け他社主力商品と比較、当社調べ


アイソメトリック
「アイソメトリック®」とは、縦・横ストリングの長さを均一に近づけることで、ストリングの有効可動域を広げ、一般的な円形ラケットに比べてスウィートエリアが7%※広い、当社独自の四角いフレーム形状です。アイソメトリックの100 inch2は円形ラケットの107inch2に相当します。


※当社調べ

従来品とS-FiT Radiaの比較データ



※当社調べ

「S-FiT Radia」は相手の時間を奪う鋭いショットと、安定した正確なショットを可能にし、ダブルス主体のプレーヤーにとって重要となるボレーの決定率を高めます。

関連リンク

>>S-FiT Radia製品情報
>>SF Radia 25製品情報