YONEX

TENNIS NEWS

2015.03.23Players(選手)

ヒンギスが全試合ストレートで完勝 BNPパリバ・オープン女子ダブルス


BNPパリバ・オープンが3月9日~22日までアメリカで開催され、女子ダブルスにおいて当社アドバイザリースタッフのマルチナ・ヒンギス選手(スイス/EゾーンAi100、ポリツアープロ125、SHT-27L使用)&サニア・ミルザ選手(インド)ペアが第2シードのエカテリーナ・マカロワ選手(ロシア)&エレナ・ベスニナ選手(ロシア)ペアに6-3、6-4で勝利し優勝を飾りました。ヒンギス選手は、同大会で1999年以来16年ぶりのダブルス優勝となりました。

ヒンギス組は今大会第1シードとして出場。初戦から1セットも落さない圧倒的な強さで勝ち進み、決勝でも勢いそのままに1時間10分で勝負を決めました。

2013年に国際テニス殿堂入りを果たしダブルスで現役に復帰したヒンギス選手。その年の全米オープン女子ダブルスでは準優勝を果たし、今年の全豪オープン混合ダブルスではグランドスラム16度目の優勝を果たしています。

ヒンギス選手は「(1999年の優勝から)時が経ったと感じています。今使用しているEゾーンAiはとても優しい打球感で、おかげでいいプレーができ、試合を楽しめています」とコメントしています。


ヒンギス選手は34歳。年齢を感じさせないプレーを可能とするのは、国内外から評価の高いEゾーンAiです。広いスウィートエリアで威力あるスピードボールと正確なコントロールを可能にし、また振動吸収システムが腕への負担を軽減しています。

関連リンク

>>EZONE Ai特設サイト
>>マルチナ・ヒンギス選手プロフィール