YONEX

TENNIS NEWS

2015.02.23Events(イベント)

【最速記録更新】出た!最速191km/h!VコアツアーFサーブスピードチャレンジin東京&大阪

サーブスピード最速191km/hを記録した大阪会場の子田大樹さん(真ん中)、
後藤翔太郎プロ(左)、桑田寛子プロ(右)、子田さんのお子様たち(下)


ヨネックスは、2月21日に東京の品川で、また22日に大阪の江坂にてサーブスピード6%アップの新製品VコアツアーF体感イベント"VコアツアーFサーブスピードチャレンジ"を開催しました。テニス雑誌「スマッシュ」とテニスニュースサイト「TENNIS.JP」にご協力いただき、東京会場には静岡から、大阪会場には広島からなど様々な地域よりサーブ自慢の方々合計58名に参加いただきました。

同イベントでは、VコアツアーFを使用したサーブスピードコンテストを実施。当社従来品とVコアツアーFの両方でサーブを打っていただき、スマートテニスセンサーで測定してスピードを競っていただくと同時に、VコアツアーFの高速サーブを体感していただきます。

また今回、東京会場に本村剛一プロ、そして大阪会場に桑田寛子プロ、後藤翔太郎プロも参加し、ワンポイントレッスンやミニゲームを行い参加者の方々と交流しました。

サーブスピードチャレンジの結果は下記の通りです。


■東京会場(2月21日/高輪テニスセンター)
優勝 山本諒さん 188km/h
2位 松野祥太さん 182km/h
3位 大西隆行さん 179km/h


■大阪会場(2月22日/江坂テニスセンター)
優勝 子田大樹さん 191km/h最速記録更新
2位 濱田和成さん 176km/h
3位 足立雅央さん 171km/h

大阪会場で191km/hを記録し優勝した子田さんは、他会場で記録されていた最速記録を抜いて現時点でサーブスピードランキングトップとなりました。子田さんは「200km/hを狙っていました。振り抜きが良く、普段よりも速いボールを打てた実感があります。全体的にスピードが上がり良く飛びます」とコメント。また、東京会場優勝の山本さんは「サーブには自信がありました。VコアツアーFと従来のラケットは持った感じでは重さが変わらないのですが、振るとVコアツアーFの方が軽く感じられました。少ない力でラケットが返ってくれるのでストロークでもとても楽でした」とコメントしています。

参加された方々のコメント
「ヘッドが走る。左右に走らされて何とか届くようなボールもラケットが返るおかげで返球できた」
「振り抜きが良く重さを感じない。本当にいいところに当たると打感が柔らかく癖になる気持ち良さ」
「振り抜きが良いのでスウィングスピードが上がり、ボールスピードも上がる」
「サーブだけでなくストロークも素晴らしいラケットだと思います」

今後も全国各地で同イベントを行っていきますので、ぜひご参加ください!



東京会場に参加いただいた皆さんと本村剛一プロ


東京会場優勝の山本諒さん


大阪会場に参加いただいた皆さんと桑田寛子プロ、後藤翔太郎プロ


本村プロからワンポイントレッスン


関連リンク

>>VコアツアーFサーブスピードチャレンジページ