YONEX

TENNIS NEWS

2014.10.01Players(選手)

「ベリークールが僕のプレーをサポートしてくれる」全豪オープン優勝のワウリンカがベリークールの実験に挑戦

今年の全豪オープンでグランドスラム初優勝を飾ったスタン・ワウリンカ選手(スイス)。

1月のオーストラリアでの大会は連日40度を超え、過酷な暑さとの闘いでもありました。
その猛暑の中でワウリンカ選手のプレーを支えたのは、キシリトール効果で衣服内温度を3℃下げるベリークールウェア。

今回は、ワウリンカ選手にお湯の温度を一瞬で下げるベリークール実験に挑戦していただきました。




ベリークール

「キシリトール」は白樺やトウモロコシを原料とし、汗等の水分と接すると熱を吸収する性質があります。
ヨネックスはキシリトールをスポーツウェアで初めて生地に採用しました。運動時のクーリング効果と衣服の吸汗速乾技術を高め、衣服内温度を約3℃低く保ち、快適な涼しさを実現しました。

●温度比較
気温30℃、湿度60%、風速2mの条件化で15分運動した場合、
ポリエステル100%商品と比較して、衣服内温度が約3℃低くなり、真夏のプレーも快適です。

[ユニチカガーメンテック(株)計測データ]



>>スタン・ワウリンカプロフィール
>>テニスウェアカタログ(デジタルブック)