YONEX

TENNIS NEWS

2014.09.18Products(製品)

女子世界最速サーブ211km/h!リシキ選手のサイン会でヨネックスブースは大盛況です! (有明 東レPPO)


211km/hの世界最速サーブを達成したラケットとリシキ選手

先週のPrudential Hong Kong Tennis Open(9/6-14、香港、25万ドル)では3年ぶりにWTAツアー優勝を果たしたサビーネ・リシキ(Vコアツアー97・ポリツアースピン使用)が17日ヨネックスブースでサイン会を行い、ファンとの交流を楽しみました。

イベントでは、リシキ選手から日本のファンに向けて、
「先週の香港大会で優勝したのは本当に嬉しかったけど、日本への移動がタイトなスケジュールになってしまい、初戦で負けてしまった。日本への来日はホントに楽しみしていたので、このイベントでファンのみなさんに会えてうれしいです」とコメント。

また、サービスでギネス世界記録を達成したことについては、
「ヨネックスのラケットでギネス世界記録となったのは私にとってもスペシャルなこと。非公式にサービスで209km/hという自己記録はあったけど、211km/hが公式記録になったのは本当に名誉なことです。今後は、ブルガリアで行われる「WTAトーナメント・オブ・チャンピオンズ」(※ツアー大会優勝者のみで争われる大会)に進出できるようにもっとランキングを上げることと、ドイツ代表としてフェドカップで優勝することが目標です」とコメントしました。

イベントでは「ソニー製スマートテニスセンサー」を使ったストロークでのスピードコンテストにも挑戦し、リシキ選手は当日No.1のスピードを記録したことで非常に満足顔でした。

イベント時には50人を超える多くのファンに囲まれ、サイン会も大盛況に終わりました。
これからもリシキ選手の活躍に期待し、応援をお願いします。



>>サビーネ・リシキ選手のプロフィール
>>女子テニス世界最速210.8km/h 弊社契約プロスタッフ サビーネ・リシキ(ドイツ)の サービスがギネス世界記録Rを達成