SOFT TENNIS NEWS

2014.07.22Players(選手)昨年の雪辱を果たし柿崎・神谷ペアが優勝 東日本ソフトテニス選手権大会



1407221800_1.jpg
東日本ソフトテニス選手権大会優勝の柿崎あやの(左)、神谷絵梨奈ペア


7月19日~20日まで青森県で行われていました東日本ソフトテニス選手権大会・一般の女子の部において、ヨネックスチームの柿崎(レーザーラッシュ7S)・神谷(レーザーラッシュ7V)ペアが昨年の雪辱を果たし見事優勝を飾りました。

昨年は新星ペアとして決勝に進出するも、惜しくも準優勝と悔し涙を流しました。
今年はその悔しさをバネに強い気持ちで大会に挑み、決勝では加瀬・脇田ペア(早稲田大学)と対戦。一時2‐3と追い込まれる場面もありましたが、粘りのプレーでファイナルに持ち込み4‐3(F7‐2)で逆転勝利を果たしました。


1407221800_2.jpg
逆転で優勝を決め、喜びを分かち合う



1407221800_3.jpg
晴れやかな表情を見せる2人



試合直後の2人のコメントをご紹介します。

<柿崎選手>
先日の東日本選手権では温かいご声援ありがとうございました。初優勝することができ、大変嬉しく思います。今週末には全日本実業団も控えています。自分達から攻めていくテニスをし、優勝目指して頑張りますのでご声援の程、宜しくお願い致します。


<神谷選手>
暑い中、温かいご声援をありがとうございました!今大会では、柿崎と苦しい時こそ2人でとりにいこうと話し合って、挑戦する気持ちで挑みました。昨年度は、苦しい時に踏ん張れず負けてしまいましたが、今回は1つステップアップすることができました。この気持ちを忘れずに今週和歌山にて行われる実業団大会も、チームヨネックス全員で勝ちにいきたいと思います!ご声援宜しくお願い致します!!




今週末からは全日本実業団選手権大会が和歌山県で開催され、男女のヨネックスチームがそれぞれ一丸となって戦います。皆様のご声援どうぞ宜しくお願い致します。

(写真提供:ソフトテニスオンライン)

>>レーザーラッシュ7S製品情報
>>レーザーラッシュ7V製品情報
>>ヨネックスソフトテニスチーム


©2019 YONEX Co., Ltd.
page top