BADMINTON NEWS

2014.03.10Players(選手)第104回ヨネックス全英選手権決勝 リー・チョンウェイが雪辱を果たし3度目の優勝を飾る



ヨネックス全英選手権大会は3月9日に各種目決勝が行われました。

昨年と同カードとなった男子シングルス決勝戦は、ボルトリックZ-フォースⅡを使用したリー・チョンウェイ(マレーシア)がチェン・ロン(中国)を21-13、21-18のストレートで破って雪辱を果たし、2011年以来3度目の優勝を飾りました。

2月下旬に新発売したボルトリックZ-フォースⅡは、リー・チョンウェイをはじめラチャノック・インタノンなど、早くも多くの選手が使用を開始しています。リー・チョンウェイは「アタックしやすいし体力をあまり使わないんだ。とにかく凄いパワーだよ。」とコメントしています。

また、男子ダブルスでは昨年の世界選手権優勝で世界ランキング1位ののモハマド・アッサン/ヘンドラ・セティアワン(インドネシア)組と、日本勢唯一の勝ち残りで2年連続の決勝進出となった遠藤大由/早川賢一(日本ユニシス)の対戦となり、共に初優勝をかけた戦いが繰り広げられましたが、21-19、21-19で接戦を制したインドネシアペアが念願の全英初優勝を果たしました。

今大会も熱戦が繰り広げられたヨネックス全英選手権。弊社は、多くのバドミントンプレーヤーの憧れであり続ける全英選手権大会をこれからもサポートしてまいります。?


全英3度目の優勝のリー・チョンウェイ

念願の全英初優勝を飾ったモハマド・アッサン/ヘンドラ・セティアワン

決勝を戦ったインドネシアペアと健闘を称えあう遠藤大由/早川賢一



>>YouTube Badmintonworld.tv(試合ダイジェストが視聴できます)
>>ヨネックス全英選手権公式サイト
>>ボルトリックZ‐フォースⅡ特設サイト

©2020 YONEX Co., Ltd.
page top