BODY DESIGN WALKING

ヨネックス・オフィシャルアドバイザー OK和男のボディデザインウォーキング

メインビジュアル

ALOHA! ウォーキングプロデューサーのOK和男(オーケーカズオ)です。

イタリアの芸術家レオナルド・ダ・ヴィンチは、次の言葉を残しています。「姿勢の悪さは背骨を歪め 万病の元凶となる」 ここで注目されている「背骨」の主な働きは2つあります。ひとつは、体重を支える事。そしてもうひとつは、体内を通る中枢神経を保護する事です。

そんな大切な働きを担う背骨を歪めるのが、姿勢の悪さだと指摘されています。そこで、専門学校や健康イベント、講師対象セミナーなどあらゆる機会に「悪い姿勢とはどんな姿勢ですか?」と受講者に質問してみました。その結果、老若男女問わず上位に「猫背」があがりました。

多くの方が、猫背は悪い姿勢だと認識していることが分かります。では具体的に何が悪いのかと言うと、見栄えが良くないという外見の印象。首・背中・腰をはじめとして身体の様々な部位に負担がかかる。神経や血管を圧迫して内臓に悪影響を及ぼす。胸郭や肺を圧迫して呼吸が浅くなる。など、たくさんのデメリットがあげられます。背骨が持っている本来のS字カーブが猫背(姿勢の悪さ)によって乱れてしまう事が、あらゆる心身の不調を引き起こし、万病のもとになると言う事です。

今回は、背骨を歪めて万病のもとになる「猫背姿勢」の豊富なデメリットリストの中から「腰痛リスク」について説明します。なお「腰」については、以前にもこの連載でご紹介しています。日本人の腰痛事情、私OK和男の腰痛体験、安静の目安、腰痛を起こしやすい人7つの特徴、動いて治す、しなやかにたおやかに原因を消す、筋肉の硬直を消す3つのOKポイント等をお伝えしました。

第9歩【腰痛解消ウォーキング】も合わせてご覧下さい。

元氣でしなやかな腰を手に入れて、健康美人寿命を延ばしましょう。そして毎日感動で心を温めて、私と一緒に笑顔でOKウォークを楽しみましょう♪



第11歩【腰痛解消ウォーキング2~猫背が腰をダメにする】


連載コラム第9歩の中で、腰痛を起こしやすい人7つの特徴をご紹介しました。その中から「姿勢の悪さが原因となり、骨格の歪みに繋がって腰痛を引き起こします」「腹筋などの腰まわりの筋肉の弱さも腰痛リスクになります」の2つをピックアップして掘り下げ「猫背・腰痛・筋肉」にフォーカスしてみます。

【姿勢からくる腰痛】

まず「姿勢の崩れ」「腰痛」といってもその原因は実に様々です。今回は、運動不足による筋肉の衰退が主な原因となるケースについて説明します。

私たちの身体を支えているお腹の筋肉(腹筋)・背中の筋肉(広背筋や脊柱起立筋など)・お尻の筋肉(臀筋群)・上半身と下半身を繋ぐインナーマッスル(腸腰筋)・太ももの筋肉(大腿四頭筋やハムストリングス)の衰えによって姿勢が崩れて、脊柱の歪みや骨盤の傾きが進み腰痛を引き起こします。

あなたは、長時間背中を丸めていませんか? 腹筋が緩んで背骨のS字カーヴがC字カーブ(猫背姿勢)になってしまうと、腰椎の椎間板に大きな負担がかかり続けてしまいます。すると筋肉の血行は悪化して、老廃物が筋肉に蓄積してしまい痛みの原因になっていきます。このように体幹の筋肉が弱り、姿勢が崩れて腰痛を起こすケースが多くみられます。

【筋肉が減ると損をする!?】

筋肉量の減少や筋力の低下が招くデメリットを自覚しましょう。

・姿勢が悪くなる・心身ともに疲れやすくなる・太りやすくなる・腰痛・発想もマイナス思考になる・自信がなくなる・人を避け外出も減る・万病のリスクが上がり、医療費は増加

【筋肉を良好に保つと得をする!?】

筋肉の量と質をOKな状態に保つことで、得られるメリットをニヤニヤするくらいリアルにイメージしましょう。

・姿勢が良くなる・呼吸が深くなる・疲れにくくなる・健康維持増進・美肌や美しいプロポーションなどの美容効果・若さ・行動力・集中力・忍耐力・運動能力・自信・印象が良くなる・颯爽と歩くスピードが上がる・体温が上がる・免疫力が上がる・健康寿命を延ばし、医療費は減少






【筋肉で人生は変えられる!!】

如何でしょうか?筋肉の量や質が悪化することで、どこに不調が生じ、何を失い、誰に迷惑をかけるのか? 逆に筋肉の量や質が良好であることで、どれだけ快適で、何を得られ、誰を喜ばせることができるのか? 筋肉の量や質の善し悪しで、人生は劇的に変えられるのです。ここを理解しないと、いつまでも行動は変わらずじまいになります。行動せずにいられなくなるまでリアルにイメージしましょう!

メタボ・ロコモ・認知症・腰痛・運動不足病、、、もはや国民病とも呼ばれる不調の予防策として、最近ようやく姿勢指導を取り入れる整形外科・教育機関・企業セミナーなどが増えてきました。筋肉を保ち姿勢を整えることは、運動器疾患の大切な治療法のひとつであり、メンタルや印象にも大きな影響力を持ち仕事力も向上させます。

【猫背腰痛を防ぐ筋肉ケア7つのOKポイント】

最後に筋力不足が招く猫背腰痛を防ぐ7つのOKポイントをご紹介します。
1:積極的に身体を動かして、筋肉のポンプ機能で血流を促す
2:座る時は坐骨に乗るように座る
3:立つ時は脛の太い骨(前脛骨筋)に乗って立つ
4:姿勢を整えリラックスしてしなやかに振舞う
5:筋肉の材料となるたんぱく質をしっかりと摂取する
6:足腰の関節に優しい靴を選びましょう
7:筋肉や姿勢を良好に保つウェアを活用しましょう





ウォーキングプロデューサー/日本肥満予防健康協会 名誉講師
日本体育協会公認スポーツプログラマー/JNWLノルディック・ウォーク公認指導員/NESTA PFT/化粧品検定1級/コスメコンシェルジュ

OK和男

ウォーキングプロデューサーとして、学校・企業・芸能スクール・ミスコンテスト・ブライダルウォーキング・マナースクール・メタボやロコモの予防など様々な現場でのウォーキング指導・講演。日本は勿論、ハワイでのウォーキングイベント実施、ウォーキングインストラクターの養成など【歩きで人生を豊かに】をキーワードに、心と身体の健康美に関する活動をしている。
日本ボディデザイン協会代表
著書:「歩くだけでやせる!OKウォーク」(ソフトバンククリエイティブ)
http://okkazuo.com/


コラム

第1歩【最もシンプルな健康美容法は"歩くこと"】
第2歩【"美脚の大敵!冷え・浮腫み"スッキリ・ウォーキング】
第3歩【"エイジングケア"にウォーキング】
第4歩【基本ウォーキングフォーム】
第5歩【疲れにくい歩き方って?】
第6歩【歩く人を思ってつくる靴】
第7歩【ロコモ※対策と健康寿命延伸】
第8歩【外反母趾】
第9歩【腰痛解消ウォーキング】
第10歩【デキる人に学ぶ 疲労を溜めない身体づくり】
第12歩【光に抱かれて風をまとう♪春のOKウォーキング】
第13歩【100歳健脚づくりで膝を守るvol.1】~ウォーキング指導現場から見る"お膝"事情~
第14歩【100歳現役・元氣に歩く秘訣】
第15歩【ウォーカー仲間と交流して心を豊かに♪】


© 2017 YONEX Co., Ltd.
page top