BODY DESIGN WALKING

ヨネックス・オフィシャルアドバイザー OK和男のボディデザインウォーキング

メインビジュアル

ALOHA! ウォーキングプロデューサーのOK和男(オーケーカズオ)です。私は、ショービジネスでの魅せるウォーキングスタイル、メタボ対策のダイエットウォーキング、ロコモーティブシンドローム予防のアンチエイジングウォーキング、サルコぺニア肥満予防エクササイズ、マナースクール・企業研修等での第一印象向上コミュニケーションウォーキング、就活・婚活・PTA・芸能界・旅行・・・様々な現場で、ウォーキングの専門家として活動を続けています。このコーナーでは「歩くを楽しむ」をテーマに、身体の事・心との関係・歩き方・足のケア・靴選び等、ちょっとした気づきやポイントを皆さんにシェアさせていただきます。ここで出逢う仲間と一緒に"ウォーキングライフ"を楽しみましょう!




第1歩【最もシンプルな健康美容法は"歩くこと"】


人間は歩くことで、筋肉や骨に刺激が伝わり、循環機能や新陳代謝を促し、若々しい身体を保つようにできています。また2本足で歩き両手を自由に使うことで、脳の発達を促してきたとも言われています。これらの事からも、歩くことは生きることと密接に関係していることがわかりますね。 ところが、この数十年の間に歩行量がずいぶん減ってしまいました。交通機関の発達や文明の進化が、皮肉なことに歩く機会を奪ってしまったとも言えます。

一昔前は、特に意識することもなく毎日の生活の中で、何時間も何キロも歩いていました。現代社会ではいかがでしょうか? 階段がエスカレーターやエレベーターになり、ちょっとした買い物にも車を使い、動く歩道まで整備され、社内では階の違うフロアの同僚へのメッセージさえ、歩いて逢いに行かずに、電話やメールで済ませてしまいます。意識的に歩かない限り、歩行数はどんどん減少してしまいます。

それは数字となりデータにも表れています。厚生労働省「国民健康・栄養調査」によると、平成15年(20歳以上)の一日の歩数の平均値は、男性:7,503歩 女性:6,762歩でした。そして平成22年の同調査では、男性:7,136歩 女性:6,117歩ですから、男性は-367歩、女性は-645歩。男女共に減少しています。今まさに、歩行数の減少・運動不足が問題視されています。「日本国民総運動不足病」とまで言われるほどに深刻な状況なのです。

そこで、「今日から腕立て伏せと腹筋背筋のトレーニングとランニングを習慣にしましょう!」などと、いきなり急発進しては、運動不足で寝ぼけていた筋肉がビックリして、膝や腰などを痛めかねませんし、体力に合わないトレーニングは3日も続かないことでしょう。それよりもまずは、運動不足の人でもすでに毎日継続して行っている活動タイム=『歩く事』にフォーカスしてみましょう。今回は具体的に活動タイムを有効にする3つの基本ポイントをご紹介します。




【シンプルな健康美容法~3つのOKポイント】

1:自分の身体を客観視してみましょう!
柔軟性・筋力(強さ・バランス)・バランス感覚・瞬発力・持久力など、無理をしない範囲で動きの確認をしてみましょう。スムーズにできなくなった動きや左右のアンバランス、脚力、持久力の変化を受け入れて、現状の自分を正しく認識しましょう。

2:「姿勢」へフォーカス!
1日24時間のほぼ全ては、寝ている・座っている・立っている・歩いているといった時間です。この長時間をどんな姿勢で過ごしているかで、あなたの体型も体調も知らぬ間に決まっていくという事を理解しましょう。

3:すっきり楽しく美しく歩こう!
「ウォーキングしましょう」となると「1日1万歩!」となりがちですが、ひとりひとり、体型も体力も体調も違います。いきなり一万歩にこだわらずに、自分に無理のないところから始めましょう。まずは目安として、現状の歩行数に「1,000~1,500歩」プラスするくらいのイメージでOKですよ。
ここで2種類の反応が表れます(笑)。「えったったそれだけでいいの」という人と「1,000歩もプラスで歩けませんよ」という人です。しかし、私が一緒にお話ししながら10分前後歩いたところで、パッと歩数計を取りだして、「今すでに1,000歩以上歩きましたよ」と伝えると、皆さん口をそろえて「えっウソ~簡単じゃん」「これならデキる」と驚かれます。日常生活でほんの少し「歩く」を意識するだけで達成できますよ!

今回は第一回目と言う事で基本ウォーキングマインドを培うために【最もシンプルな健康美容法は"歩くこと"】をご紹介しました。次回以降も「なるほど!」と、知るだけで嬉しくなるOKポイントや、楽しく美しくカッコ良く歩くコツをご紹介していきます。
次回は、足をしっかり使って歩くことで、冷えやムクミを解消する歩き方のポイントをお伝えします。お楽しみに。♪マハロ~♪





ウォーキングプロデューサー/日本肥満予防健康協会 名誉講師
日本体育協会公認スポーツプログラマー/JNWLノルディック・ウォーク公認指導員/NESTA PFT/化粧品検定1級/コスメコンシェルジュ

OK和男

ウォーキングプロデューサーとして、学校・企業・芸能スクール・ミスコンテスト・ブライダルウォーキング・マナースクール・メタボやロコモの予防など様々な現場でのウォーキング指導・講演。日本は勿論、ハワイでのウォーキングイベント実施、ウォーキングインストラクターの養成など【歩きで人生を豊かに】をキーワードに、心と身体の健康美に関する活動をしている。
日本ボディデザイン協会代表
著書:「歩くだけでやせる!OKウォーク」(ソフトバンククリエイティブ)
http://okkazuo.com/


コラム

第2歩【"美脚の大敵!冷え・浮腫み"スッキリ・ウォーキング】
第3歩【"エイジングケア"にウォーキング】
第4歩【基本ウォーキングフォーム】
第5歩【疲れにくい歩き方って?】
第6歩【歩く人を思ってつくる靴】
第7歩【ロコモ※対策と健康寿命延伸】
第8歩【外反母趾】
第9歩【腰痛解消ウォーキング】
第10歩【デキる人に学ぶ 疲労を溜めない身体づくり】
第11歩【腰痛解消ウォーキング2~猫背が腰をダメにする】
第12歩【光に抱かれて風をまとう♪春のOKウォーキング】
第13歩【100歳健脚づくりで膝を守るvol.1】~ウォーキング指導現場から見る"お膝"事情~
第14歩【100歳現役・元氣に歩く秘訣】
第15歩【ウォーカー仲間と交流して心を豊かに♪】


© 2017 YONEX Co., Ltd.
page top