TENNIS NEWS

2019.02.21Products(製品)〜新次元カーボンNamdをフレーム全身に搭載〜 あらゆるショットの精度を高めるテニスラケットREGNAシリーズ2019年3月下旬より発売

REGNA 98


ヨネックスは、スウィングスピードに応じた高精度のショットを生み出すテニスラケット・REGNAシリーズの新製品『REGNA 98(レグナ 98)』、『REGNA 100(レグナ 100)』を 2019年3月下旬より発売いたします。本製品は"純粋に良いラケットを作る"というコンセプトの下、本物・高級志向のプレーヤーに向けて、弊社の技術を結集して開発されたこだわりの逸品です。 

本製品最大の特徴は、フレーム全身に配置された新次元カーボンNamd(エヌアムド)。スウィングスピードが速くなっても硬くなりにくい特性を持つNamdをラケットの部位ごとに最適に配置することで、スウィングスピードに応じた最適なねじれ戻りを実現します。

さらに、REGNAの基本構造として、フレーム正面部分を全周肉厚にすることで剛性を高めた「正面肉厚構造」を採用し、パワーと軽快な打球感を生み出します。シャフト部には、高密度で等間隔に編み込まれた「スリーブ(筒状)カーボン」を搭載。柔軟なねじれと瞬時の復元によって、パワーのあるショットと精密なコントロールを両立させます。

低速スウィングに求められる面安定性と反発性、高速スウィングに求められるホールド性と球速アップを生み出し、あらゆるショットの精度を高め、多様な球種で戦略的なプレーを可能にするテニスラケットです。

※ Namdは、ニッタ㈱が開発した「ナノ分散カーボンナノチューブを炭素繊維へ均一複合化」する技術です。

INNOVATION

■新次元カーボン・Namdを部位ごとに効果的に配置することであらゆるショットの精度が向上
Namdの配置をフレームトップ部、フレームサイド部、シャフト部と、部位ごとに最適に配置することで、スウィングスピードに応じた最適なねじり戻りを実現。
低速スウィングに求められる面安定性と反発性、高速スウィングに求められるホールド性と球速アップを生み出し、あらゆるショットの精度を高めます。


■フレームトップ&サイド部:パワフルショットを生み出す「正面肉厚構造」
フレームの正面を部分的に肉厚にすることで、剛性を高めた「正面肉厚構造」がパワーと軽快な打球感を生みます。


■シャフト部:精密コントロールを可能にする「スリーブカーボン」
高密度で等間隔に編み込まれたスリーブ(筒状)カーボンをシャフトに搭載。柔軟なねじれと瞬時の復元によって、パワーのあるショットと精密なコントロールを両立させます。


■テニスラケット共通テクノロジー・独自の理論「アイソメトリック®」
アイソメトリックとは、スウィートエリアを拡大させるヨネックス独自の形状理論。縦横のストリングの長さを均等に近づけることで、一般的な円形フレームに比べ、上下左右に広いスウィートエリアを実現。 30 年以上もの間、世界のトッププレーヤーに愛され続け、数々のタイトルを獲得し、現在もなお進化を続けています。
※ヨネックス調べ


実証データ

■マシンテストによるボールスピードの比較
〜スウィングスピードに関わらず、ボールスピードがアップ〜


関連リンク

>>REGNA98
>>REGNA100

© 2018 YONEX Co., Ltd.
page top