TENNIS NEWS

2019.02.12Events(イベント)ヨネックスから世界で活躍する選手を!5度目の開催「YONEX VAMOS・J」チャイニーズタイペイ


チャイニーズタイペイの台湾高雄市樹德科技大学テニスコートにて、ジュニア育成キャンプ「YONEX VAMOS・J」が開催され、 総勢34名の現地トップジュニアが参加しました。2011年より日本国内でスタートした「YONEX VAMOS・J」は、 テニス界を牽引する指導者による最新のコーチング、トレーニング技術によって、世界で活躍する選手の育成を目的としています。2015年からは、アジア全体のレベルアップを目的として、日本国外でもキャンプを実施しており、チャイニーズタイペイは5度目の開催です。

日本からは、五藤健介コーチ、小畑沙織コーチ、宮本圭トレーナーが現地に赴いて指導にあたり、"Find a way(ピンチの場面で、解決策を見つけ出す)"、"相手のテニスを超えて勝つ"という2つのテーマを掲げ、どんな困難な状況下でも質の高いボールを打ちこみ、相手のテニスを超えて勝つためのトレーニングを行いました。現地スタッフによると「特にU-12の参加ジュニアは全員しっかりと自分のスウィングをしており、力強い印象だった」とのこと。現地のコーチは12名参加し、選手成長の為のプロセスを懸命に学習されていました。

ヨネックスは今後ともテニスの普及・発展に向けて、グローバルに活動していきます。

五藤コーチコメント
「今回で5年目を迎えたチャイニーズタイペイキャンプに参加しました。現地のコーチの方々は選手の成長の為に何が大切で、どういうプロセスを踏むのが大切かということについて非常に強い関心を持っていました。キャンプの中で常に疑問を持ち、意見交換を求め、そして、積極的に選手に伝える姿勢に刺激を受けました。 そして、選手達自身も自分の現状や今後、自分がどうしていくべきかということについて、積極的に日本人スタッフや現地のコーチに意見交換をする姿にも感銘を受けました。言葉など壁がある中で、海外ならではのキャンプは難しさもありますが、逆に互いに協力しながら作り上げていくことで選手、コーチとの一体感も生まれ、本当に貴重な3日間となりました」


関連リンク

>>YONEX VAMOS・J特設サイト

© 2018 YONEX Co., Ltd.
page top