TENNIS NEWS

2018.08.20Products(製品)パワークッション®プラス搭載で足の疲労を緩和!足とシューズの一体感が得られる快適なフィット性のテニスシューズ「FUSIONREV 3」2018年9月下旬より発売




ヨネックスは、新衝撃吸収反発素材「パワークッション®プラス」を搭載した、足とシューズの一体感を生むフィット性の高いテニスシューズ「POWER CUSHION FUSIONREV 3」(パワークッション フュージョンレブ 3)を2018年9月下旬より発売いたします。

柔らかな履き心地と足全体を優しく包み込むフィット性でご好評いただいている「FUSIONREV」シリーズの第3弾は、弊社最大の機能「パワークッションプラス」を搭載しています。7mの高さから生卵を落としても割れずに4m以上跳ね返す※1衝撃吸収力と反発力を併せ持つ「軽く、疲れにくい」衝撃吸収素材のパワークッションから、さらに衝撃吸収性を25%※2、反発性を12%※3アップさせたのがパワークッションプラスです。足の疲労を緩和し、ダッシュ力を向上させます。

また、シューレースをシューズからの圧力が集中しやすい舟状骨(しゅうじょうこつ)~楔状骨(けつじょうこつ)付近を避けて配置する新設計「フレクションアッパー」と、伸縮素材を用いたタング(ベロ)が足の甲全体をすっぽりと包み込む「インナーブーティ構造」が足とシューズの一体感を生み、さらなるフィット感を実現しました。

※1 2014年3月10日 ヨネックス調べ
※2(一般財団法人)日本車両検査協会にて測定
※3(一般財団法人)ボーケン品質評価機構調べ:JIS法準用

INNOVATION

◆ヨネックス独自の衝撃吸収材パワークッションが進化した新配合・新構造の「パワークッションプラス」
7mの高さから生卵を落としても割れずに4m以上跳ね返す衝撃吸収性と反発性を併せ持つ「軽く、疲れにくい」衝撃吸収素材パワークッション。そのパワークッションに反発性の高い特殊樹脂を添加し、そして格子状に+型の溝を最適な間隔と深さで配置した新構造を採用し、従来の軽量性は保ちつつ、衝撃吸収性を25%、反発性を12%アップした新衝撃吸収反発素材。


◆シューレースからの圧力を軽減する新設計「フレクションアッパー」
シューレースをシューズからの圧力が集中しやすい舟状骨(しゅうじょうこつ)~楔状骨(けつじょうこつ)付近を避けて配置。圧力を足全体に分散させることで圧迫を軽減し、包み込まれるようなフィット感に。


◆中足部からかかと部を伸縮素材で包み込む「インナーブーティ構造」
タング(ベロ)が足の甲全体をすっぽりと包み込み、タングと履き口が一体化した「インナーブーティ構造」を採用。中足部からかかと部を伸縮素材で包み込み、柔らかなフィット感を実現しました。


関連リンク

>>POWER CUSHION FUSIONREV3 MEN AC
>>POWER CUSHION FUSIONREV3 WOMEN AC
>>POWER CUSHION FUSIONREV3 MEN GC
>>POWER CUSHION FUSIONREV3 WOMEN GC

▼ RECENT

15歳のタウソンが全試合ストレート勝利で優勝!大阪市長杯2018世界スーパージュニア

パワークッション®プラスと新設計・アジリティボルトが素早い切り返しをサポート!「ECLIPSION 2」新デザインを2018年11月下旬発売

チームヨネックスから大坂なおみら9選手がWTAファイナルに出場!ヨネックスがラケット使用率No.1に!

VCORE×POLYTOUR STRIKE使用のガルシアが天津オープンで今季初優勝! 18歳の新星ヤストレムスカが香港オープンでツアー初優勝!

大坂なおみ日本人選手最高に並ぶ世界ランキング4位へ!WTAファイナルに初出場決定!

VCORE×POLYTOUR STRIKE使用のシャポバロフ8強入り! 楽天ジャパンオープン

プロシリーズバッグ【BAG1801W フレイムレッド】仕様違い品混入のお詫びと商品確認のお願い

西岡がVCOREで悲願のツアー初優勝!!怪我を乗り越え完全復活 深センオープン

~トップ選手も認めるストリンギングを匠の技術で提供~ ヨネックスはテニス世界4大大会「全豪オープンオフィシャルストリンガー」の契約を更新しました

大坂なおみ東レPPO準優勝!WTAファイナル初出場へさらに前進

▼ CATEGORY
- Players(選手)
- Matches(大会・試合)
- Events(イベント)
- Products(製品)
- Information(お知らせ)
▼ ARCHIVE
- 2018年
- 2017年
- 2016年
- 2015年
- 2014年
© 2018 YONEX Co., Ltd.
page top