ビクトリア・アザレンカはベラルーシのトッププレーヤー。2012、2013年と全豪オープンを連覇し、2012年には世界NO.1を獲得。ダブルスでも全豪、全仏オープンで準優勝。ミックスダブルスにおいても全仏、全米オープンで優勝を飾り、2012年のロンドンオリンピックでは金メダリストに輝いている。2017年、産後のツアー復帰にあたりヨネックスと契約し、NEW EZONEを新たなパートナーとして選択。“ジュニアの頃にヨネックスラケットを使用していたので、もともと信頼感がありました。そのおかげでテストではすぐに自分のものにする事ができ、特別な親しみを覚えました。ヨネックスラケットは、アイソメトリック形状でスウィートエリアが広く、パワーとコントロールのバランスがとても良いのが気に入っています。”
ビクトリア・アザレンカはベラルーシのトッププレーヤー。2012、2013年と全豪オープンを連覇し、2012年には世界NO.1を獲得。ダブルスでも全豪、全仏オープンで準優勝。ミックスダブルスにおいても全仏、全米オープンで優勝を飾り、2012年のロンドンオリンピックでは金メダリストに輝いている。2017年、産後のツアー復帰にあたりヨネックスと契約し、NEW EZONEを新たなパートナーとして選択。“ジュニアの頃にヨネックスラケットを使用していたので、もともと信頼感がありました。そのおかげでテストではすぐに自分のものにする事ができ、特別な親しみを覚えました。ヨネックスラケットは、アイソメトリック形状でスウィートエリアが広く、パワーとコントロールのバランスがとても良いのが気に入っています。”
ビクトリア・アザレンカはベラルーシのトッププレーヤー。2012、2013年と全豪オープンを連覇し、2012年には世界NO.1を獲得。ダブルスでも全豪、全仏オープンで準優勝。ミックスダブルスにおいても全仏、全米オープンで優勝を飾り、2012年のロンドンオリンピックでは金メダリストに輝いている。2017年、産後のツアー復帰にあたりヨネックスと契約し、NEW EZONEを新たなパートナーとして選択。“ジュニアの頃にヨネックスラケットを使用していたので、もともと信頼感がありました。そのおかげでテストではすぐに自分のものにする事ができ、特別な親しみを覚えました。ヨネックスラケットは、アイソメトリック形状でスウィートエリアが広く、パワーとコントロールのバランスがとても良いのが気に入っています。”
プロテニスプレーヤーであった父に倣いテニスをはじめ、元世界ジュニアランキング1位としてノルウェーの若手の期待を一身に背負う。2017年、18歳ATP500のリオオープンでプロ初勝利をあげ、準決勝進出を果たす。ATPが選出する期待の若手選手“ATP Next Generation”に選出される。ギアに加えアパレルを含み、全身ヨネックスを纏って戦う。“NEW EZONEをテストした時、以前のモデルからさらに全体的に良いフィーリングになっていてとても感銘を受けました。私はフェイスサイズ100を使用しています。フォアハンドを武器としているのですが、コントロールとパワーのバランスが良く、私のプレースタイルに良く合っています。”
プロテニスプレーヤーであった父に倣いテニスをはじめ、元世界ジュニアランキング1位としてノルウェーの若手の期待を一身に背負う。2017年、18歳ATP500のリオオープンでプロ初勝利をあげ、準決勝進出を果たす。ATPが選出する期待の若手選手“ATP Next Generation”に選出される。ギアに加えアパレルを含み、全身ヨネックスを纏って戦う。“NEW EZONEをテストした時、以前のモデルからさらに全体的に良いフィーリングになっていてとても感銘を受けました。私はフェイスサイズ100を使用しています。フォアハンドを武器としているのですが、コントロールとパワーのバランスが良く、私のプレースタイルに良く合っています。”
ココ・バンダウェイはアメリカ出身の、ツアーでも屈指のサーブ力を誇るプレーヤー。ジュニア時代から頭角を現し、ジュニアランキングでは最高世界15位を記録。2008年にはUSオープンジュニアにおいて、シングルスのタイトルを獲得する。プロ転向後、オランダのスヘルトーヘンボスで行われた大会で2014、2016年に優勝し、2つのタイトルを獲得。その攻撃的なプレースタイルで、ウィンブルドンでは2015、2017年にベスト8、全豪オープンでは2017年にベスト4に進出。2015年以降はフェドカップメンバーとして代表に選出されている。7月にスタンフォードで行われたバンク・オブ・ウェスト・クラシックからNEW EZONEを使用開始。同大会でシングルス準優勝、ダブルス優勝という華々しい成績を収めた。“わたしがNEW EZONEを魅力的に感じるのは、ラケット自体から得る振り出しのパワー、それと大きなスウィートエリア。誰もが常にラケットの芯で打ち続けることはできませんが、このラケットはスウィートエリアが広く、それを助けてくれる。私にとって良いアシストになっています。”
ココ・バンダウェイはアメリカ出身の、ツアーでも屈指のサーブ力を誇るプレーヤー。ジュニア時代から頭角を現し、ジュニアランキングでは最高世界15位を記録。2008年にはUSオープンジュニアにおいて、シングルスのタイトルを獲得する。プロ転向後、オランダのスヘルトーヘンボスで行われた大会で2014、2016年に優勝し、2つのタイトルを獲得。その攻撃的なプレースタイルで、ウィンブルドンでは2015、2017年にベスト8、全豪オープンでは2017年にベスト4に進出。2015年以降はフェドカップメンバーとして代表に選出されている。7月にスタンフォードで行われたバンク・オブ・ウェスト・クラシックからNEW EZONEを使用開始。同大会でシングルス準優勝、ダブルス優勝という華々しい成績を収めた。“わたしがNEW EZONEを魅力的に感じるのは、ラケット自体から得る振り出しのパワー、それと大きなスウィートエリア。誰もが常にラケットの芯で打ち続けることはできませんが、このラケットはスウィートエリアが広く、それを助けてくれる。私にとって良いアシストになっています。”