YONEX

WALKING NEWS

2014.08.01Information(お知らせ)

社会風刺コント集団「ザ・ニュースペーパー」がパワークッションウォーキングシューズを愛用する理由


モロモロの社会情勢を笑いに変える社会風刺コント集団「ザ・ニュースペーパー」。収録で偶然出会ったというパワークッションウォーキングシューズは、革靴のようなフォーマルな見た目と高いクッション機能が舞台にもぴったりだということで、メンバー全員が愛用中です。今回はそんなパワークッションウォーキングシューズの魅力をメンバーの方々に語っていただきました。


左から山本天心、土谷ひろし、福本ヒデ、浜田太一


左から桑山元、竹内康明、石坂タケシ、松下アキラ


Q1 パワークッションウォーキングシューズを履くようになったきっかけは?

福本:通販番組に僕と松下が出演した時、紹介した商品が偶然ヨネックスのパワークッションウォーキングシューズでした。実際に履いてみると軽く、見た目も革靴でスーツに合うのでいいなと思い購入しました。革靴だと、舞台で飛んだり跳ねたりするとクッション性が無いので膝が痛くなったり、長時間のロケでは足が疲れてしまいますが、ヨネックスのシューズはそういうことがありませんでした。他のメンバーにも勧めると、こだわりの強い人たちばかりですが今では全員履いています。

Q2 普通の革靴とはどこが違いますか?

石坂:クッション性が違いますよね。スーツを着て踊る時に、従来の革靴だと硬くて痛いのですがヨネックスのシューズだと痛くありません。衝撃が少なく、機能性が考えられているなと思います。
浜田:舞台で激しく動くのですが、足をくじいたりといった怪我がなくなりました。革靴は靴擦れなど慣れるまでに時間がかかりますが、ヨネックスのシューズは履いてすぐ馴染んでくれますね。
松下:舞台中何度も早着替えをしますが、ヨネックスのシューズはファスナーで素早く着替えられるし、しっかりフィットする。なくてはならないですね。
竹内:革靴では靴の裏にガムテープを貼って滑りにくくするなどしていましたよ。ヨネックスのシューズは滑らないのでいいですね。
山本:こけるシーンではヨネックスのシューズはグリップが利いて滑りにくいので、靴を履きかえていますよ(笑)

Q3 耐久性についてはいかがですか?

桑山:傷がつきにくく汚れにくいのでお手入れが簡単ですね。舞台では目立ちますし、お客様も見ていますからね。
土谷:靴底の減りが遅いので長持ちしますね。
福本:買い換えてもらえるようにもう少しファスナーとか壊れやすくした方がいいんじゃないですか?(笑) 結構手荒に扱っているのに全然壊れないですよね。

パワークッションシューズは舞台を支える縁の下の力持ち!
フィット感とクッション性で動きやすく演技にも集中できます。



ビジネスシーンにもぴったりのザ・ニュースペーパー愛用シューズ

MT-08 ブラック/ ¥18,000+税
インドネシア製/ MENS/ 24.0cm~28.0cm


MT-01N ブラック/ ¥18,000+税
インドネシア製/ MENS/ 24.0cm~28.0cm


THE NEWSPAPER 
国内外の政治、経済、事件、芸能・・・モロモロの社会情勢を笑いに転換する結成26年の社会風刺コント集団。さっき聞いたニュースがすぐに舞台に載ることもしばしば。表現力豊かな役者が演じる様々な人物のコントに、笑いながらニュースの裏に隠された社会の本質が見えてくるかもしれません?

関連リンク

>>緊急討論会 パワークッションウォーキングシューズ 朝まで生タマゴ?
>>動画・社会風刺コント集団「ザ・ニュースペーパー」も太鼓判!舞台で大活躍のヨネックスパワークッションウォーキングシューズ(動画)
>>ウォーキングシューズ製品情報
>>パワークッションとは?
>>ザ・ニュースペーパー公式サイト