SOFT TENNIS NEWS

2019.10.25Players(選手)「目標は金メダル」「楽しんで自分らしく」 船水颯人、黒木瑠璃華 世界選手権インタビュー


アジア競技大会に次ぐ格付けの「第16回世界ソフトテニス選手権大会」が10月27日より中国・台州で開催されます。チームヨネックスから日本代表として出場する船水颯人、黒木瑠璃華のインタビューをご紹介します。

船水颯人

■1年間重点的に取り組んだこと
長いラリーにも付き合えるだけのフィジカルとメンタルを準備し、イメージ作りを丹念に行ってきました。

■国際大会の雰囲気
当初は無我夢中という感じでしたが、年々自分の役割が分かってきました。国際大会は一発勝負。声援に応えたい、そういった気持ちが普段以上のプレーに繋がったりもします。重圧を自分の力に変えて頑張ります。

■注目プレー
ハードコートはボールが高く跳ねるためスピードよりもテクニックが必要となります。相手の弱いところをつくプレーに注目してください。

■目標
個人で金メダル、最低でもメダルを獲得したいです。まずシングルスで勝って、チームを勢いづけたいです。

黒木瑠璃華

■1年間重点的に取り組んだこと
①スマッシュ練習(ハードコート対策) ②筋力トレーニング ③食事の見直し

■追われる立場について
海外チーム、特に韓国は今回全力で金を獲りに来ます。受身にならず、泥臭く強気のプレーを見せたいです。

■国際大会の経験値
国際大会は3度目の出場です。アジア競技大会は重圧で試合前に手が震え、1ポイントの重みを感じました。韓国だけでなく各国年々強くなってきているので油断できません。世界選手権では試合を楽しんで自分のプレーを発揮したいです。

■注目プレー
昨年までは積極的に動いて相手にプレッシャーを与えていましたが、相手も対策してくると思うので、それに加えてディフェンスの動きも磨きをかけています。昨年の自分とは違う自分を見せます。

■目標
昨年のアジア競技大会に続き、2大会連続でキャプテンを務めます。国別で金メダルを狙い、ミックスダブルスでもメダルを持って帰りたいです。

©2019 YONEX Co., Ltd.
page top