SOFT TENNIS NEWS

2019.02.01Matches(大会・試合)鹿島鉄平ヨネックスチーム卒業のお知らせ


1月27日に宮崎県宮崎市で行われました第50回全国招待宮崎正月インドア大会で、鹿島鉄平・井口雄一(スマッシュイグチ)ペアが優勝を飾りました。鹿島は「久しぶりの優勝で素直に嬉しいです。地元のたくさんのご声援ありがとうございました。東京インドアでもアベック優勝を飾り、ヨネックスチームとして嬉しい1日になりました」とコメント。

宮崎インドア優勝 鹿島鉄平(右)・井口雄一



この大会を最後に、鹿島鉄平はヨネックス実業団チームを卒業することとなりましたのでお知らせします。鹿島は2007年の全日本シングルス優勝、2008年の全日本選手権優勝など学生時代から活躍。2011️年に早稲田大学を卒業し入社すると、その年のヨネックス男子チームを33年ぶりの全日本実業団選手権優勝に導き、2013年にも優勝を飾りました。さらに、チームは国内最高峰の日本リーグ昇格を果たし、2016️年からは3年連続で日本リーグ準優勝を果たすなど、チームの大黒柱として大いに活躍しました。


鹿島鉄平から応援してくださった皆様へ
「全国各地で講習会やイベント等でお世話になった皆様、いつも応援していただき、また温かく迎え入れていただき、ありがとうございました。

入社してからの8年間、仕事で関わった皆様からたくさんのことを学びました。子供たちの一生懸命な姿、トップ選手の現状に満足せず学び続ける姿勢、先生方や小売店の皆様の情熱、ヨネックス社員としてそれらを間近で見ることができたことは、私にとって貴重な経験でした。退社後も大会には出場していきたいと思いますので、今後も宜しくお願い致します。

最後になりますが、頼もしい後輩が今後更に活躍してくれると思います。ヨネックスソフトテニスチームの応援を、今後も宜しくお願い致します。ありがとうございました」

© 2018 YONEX Co., Ltd.
page top