SOFT TENNIS NEWS

2018.11.27Matches(大会・試合)貝瀬がU-21女子シングルスで準優勝!女子ダブルスでは貝瀬・黒田が3位に! 第3回世界ジュニア選手権大会

21歳以下女子シングルス優勝 貝瀬ほのか(NEXIGA 90S)


4年に1度開催され、今大会31カ国263名で行われた第3回世界ジュニア選手権大会(11月19~23日/韓国・順天)のU-21(21歳以下)に、貝瀬ほのかと黒田麻衣が日本代表として出場し、女子シングルスで貝瀬ほのかが準優勝を果たしました。 女子ダブルスでは貝瀬ほのか・黒田麻衣が3位に、さらに女子国別対抗でも日本チームが優勝を飾りました。
たくさんのご声援誠にありがとうございました!

また今大会、ヨネックスはラケット・シューズの使用率でNo.1※を獲得。ヨネックスギアの高機能性が世界中で認められています。

※ヨネックス調べ

21歳以下女子ダブルス3位 貝瀬ほのか(NEXIGA 90S)/黒田麻衣(F-LASER 7V)


21歳以下男子ダブルス優勝 チェン・チー/クォ・ジェンチン(ともにチャイニーズタイペイ、(ジェンチンのみ)NEXIGA 70V)


21歳以下男子シングルス優勝 キム・ヒョンクン(韓国、NANOFORCE 8V REV)


18歳以下男子シングルス優勝 チェ・ジョンラク(韓国、LASERUSH 9S)


18歳以下女子シングルス優勝 セ・ヒョンジュ(韓国)


ヨネックスストリンギングチームが今大会も選手をサポート。今大会では4年前のインド大会より多い92本を張り上げ選手をサポートしました。


関連リンク

>>コリアカップに黒木と徳川、世界ジュニアに貝瀬と黒田が出場!日の丸に活躍を誓う

© 2018 YONEX Co., Ltd.
page top