SOFT TENNIS NEWS

2017.08.24Matches(大会・試合)アジア競技大会のプレ大会『コリアカップ2017』、ヨネックスがオフィシャルストリンギングサービスなどでサポート

『コリアカップ2017』(韓国、アンソン)が23日に開幕。2018年のアジア競技大会のプレ大会で、地元・韓国、日本、チャイニーズタイペイなど、男子13ヶ国、女子8ヶ国のトップ選手が集結し、各種目決勝が行われる27日まで火花を散らします。

会場は、クレー8面、ハード4面の全天候型ソフトテニス専用。地元で優勝を狙う韓国は、代表を決める大会で優勝したムン・デヨン&キム・キヒョが主体。デヨンは相手のタイミングを外す独特のカットサーブが武器です。チャイニーズタイペイはメンバーをがらりと変えて、来年にむけチームの若返りを図っています。

170824131.jpg

ムン・デヨン、キム・キヒョ


170824132.jpg

徳川愛実、黒木瑠璃華


ヨネックスからは全日本シングルスチャンピオンの徳川愛実、東日本選手権準優勝の黒木瑠璃華が出場。2名は昨年のアジア選手権大会に続く日本代表入りです。また、高川経生が女子チームのコーチとして帯同。

170824133.jpg また、ヨネックスは大会オフィシャル用具サプライヤー、大会オフィシャルストリンガーを務めています。現地ではヨネックスストリンギングチームの川端秀信氏、地元ストリンガーが帯同し、選手に正確かつスピーディーなストリンギングサポートを実施中です。

関連リンク

>>ヨネックスストリンギングチーム

© 2018 YONEX Co., Ltd.
page top