YONEXSNOWBOARDS TOP

SNOWBOARDS NEWS

2016.12.13Products(製品)パウダーもカーヴィングも。大自然を思いのままに!新構造CENTROid搭載NEWモデルの開発背景&ライダー使用感をご紹介!

GLIDE®(グライド)


前後約50:50の重量配分により、パウダーランで高い浮力と軽快なターン操作性をもたらす 新構造「CENTROid(セントロイド)」搭載の2016-17 NEWモデルを発売中です。 サーフライクな乗り味でディープパウダーからカーヴィングまで思いのまま! 開発背景やライダーの使用感をご紹介します。


ヨネックスのカーボン技術が可能にする前後約50:50の重量配分

開発担当者:パウダーを楽しんだり、ゲレンデクルーズが可能な板を追求しました。 ターン操作性を高めるため、ノーズを軽量化して前後の重量配分を均等化していますが、 芯材をハニカムにする事で軽くするだけでは充分な強度が保てません。 芯材の上下にサンドウィッチされたカーボンシートの積層方法、 成型方法など独自の製法が、これを可能としています(特許申請中)。


パウダーだけじゃない。ツインチップの操作性で圧雪や硬いバーンでも◎

開発担当者:一般的なフリーライドボードはノーズが長くて重たく、 ノーズを持ち上げる様な後傾姿勢へ乗り方を変える必要があります。 そのせいでタイトなツリーに入るとテールを踏んだまま失速し、 埋まってしまうなんて事も...。セントロイドボードは、形状こそディレクショナルですが、 スウィングウェイトは一般的に最も軽いと言われるツインチップに限りなく近づけています。 「ノーズが長く重たそうに見えるが乗ってみると実は超軽量な操作性」と ライダー達もそのフィーリングを絶賛しています。

安藤輝彦:カーヴィングの気持ち良さと、操作が本当に楽で、 ツインチップから自然に乗り換えることができました。圧雪も、硬いバーンでもめちゃくちゃ良いです。 踏める範囲であればどこまでも喰いついてくれて、柔らかいところからハードなバーンまで、 この板の幅広さは無限大です。後傾にする事無くガンガン乗れる。アルペンのプロライダーに 「カーヴィングがすごく切れてる」と言われました(笑)ギアの力を借りて40代中盤ですけどまだまだいけますね(笑)


1612091700_3.jpg

左から安藤輝彦、八代一志、青木亮、中野智尋、開発担当の八重樫洋和



\改めて/カーボンボードのいいところ!
安藤:フィーリングと使いやすさが年々進化していて無限の可能性を感じるよ。
八代:通常のオーリーの半分の力で同じくらい飛べて軽いから回しやすいね。しかもウッドの比にならないぐらいへたりにくい!
青木:ウッドよりもはるかに飛べる。普通の板にはないターンの後半の伸びが最高!
中野:板の反発や雪面の捉え方が凄い!カーボンの反発はものすごい武器!


1612091700_4.jpg

関連リンク

>>CENTROid TECHNOLOGY MOVIE
>>製品情報ページ
▼ RECENT

15歳の戸塚優斗がREV®で攻めきり初V!FIS全日本選手権

【※3/2更新 参加者募集中】子供から大人まで世代を超えた真剣勝負。 ISHIUCHIMARUYAMA RIDEON! YONEXCUP開催

質の高いカービングターンで観客を魅了!RIDEON! YONEXCUPテクニカル大会

石打丸山スキー場に国際大会規格のハーフパイプが誕生予定!「ISHIUCHIMARUYAMA RIDEON! YONEXCUP」で新パイプをいち早く攻略

いち早く2017/2018NEWモデルを試乗するチャンス!鷲ヶ岳スキー場で試乗会&レッスン会開催

子供から大人までが白熱したバトルを展開!! RIDEON YONEX CUPワンメイク大会が開催

弊社名を使った不信な招待状(郵便物)にご注意ください

ステップインから、フレキシブルな操作性のハイバックレスバインディング&使い込むほどに味が出る天然皮革ブーツを発売中!

パウダーもカーヴィングも。大自然を思いのままに!新構造CENTROid搭載NEWモデルの開発背景&ライダー使用感をご紹介!

リフトを降りたら5秒で着脱できるステップイン「アキュブレイド」搭載。ブーツ『PREMIUM TRIPPER AB』&バインディング『XTF』を好評発売中!

▼ CATEGORY
- Riders(選手)
- Tournaments(大会)
- Events(イベント)
- Products(製品)
- Information(お知らせ)
▼ ARCHIVE
- 2017年
- 2016年
- 2015年
- 2014年
- 2013年
© 2017 YONEX Co., Ltd.