ROADBIKE NEWS

2016.02.24Race(大会・試合)【動画追加】 ニューモデルCARBONEX HRが海外で初タイトルを獲得、KINAN Cycling Teamがステージ優勝(ツール・ド・フィリピン)




ヨネックス使用チームであるKINAN Cycling Teamは2月18日~2月21日に開催されていたツール・ド・フィリピン(Le Tour de Filipinas、UCI Asia Tour 2.2)に参戦し、20日に行われた第3ステージ(185.79km)では、好位置からゴール前のマッチスプリントを制したウェズリー・サルツバーガーがステージ優勝を果たし、ヨネックスCARBONEX HRに初の海外レースタイトルをもたらしました。

最終日の第4ステージは同選手が惜しくもトップと9秒差の4位(2位とは同タイム)、上位3人の合計タイムで争われるチーム総合においては5位に終わったものの、伊丹健治が個人総合時間賞8位となりUCIアジアツアーポイントを獲得しました。また、ウェズリー・サルツバーガーもポイント賞獲得するなど、このステージ優勝はCARBONEX HRと今シーズンのチームの飛躍に対する期待をさらに高める結果となりました。


[ツール・ド・フィリピン第3ステージ(185.79km)結果]
1 ウェズリー・サルツバーガー(オーストラリア、KINAN Cycling Team) 4時間27分55秒
2 ガイ・カルマ(オーストラリア、アタッキ・チーム グスト) +2秒
3 ジョニファー・ラヴィーナ(フィリピン、セブンイレブン・サヴァRBP) +20秒
16 伊丹健治(KINAN Cycling Team) +3分10秒
30 ジャイ・クロフォード(オーストラリア、KINAN Cycling Team) +3分10秒
41 阿曽圭佑(KINAN Cycling Team) +3分20秒
48 野中竜馬(KINAN Cycling Team) +3分20秒


[選手コメント(ウェズリー・サルツバーガー)] 「絶好のレース展開になることは走っている間から分かっていたんだ。ラスト3kmを切ってからのアタックは、カルマと申し合わせていたこと。彼の動きに合わせて僕もスピードアップしたんだ。スプリントになれば勝つ自信があったし、先に仕掛けたカルマを交わすことはなんら問題がなかったよ」

関連リンク

>>ツール・ド・フィリピン公式サイト
>>4ステージ&総合結果
>>KINAN Cycling Team公式サイト
>>KINAN Cycling Team公式ブログ

▼ RECENT

KINAN CYCLING TEAMのマルコス・ガルシアがツアー・オブ・ジャパン(伊豆ステージ)で優勝!KINANは同ツアーで初のステージ優勝

さらなる頂を目指せ!全日本マウンテンサイクリングin乗鞍で7勝を誇る"山の神"森本誠がCARBONEXを駆ってレース参戦中

CARBONEX HRと共に世界で戦うKINAN cycling Teamが「ツール・ド・ロンボク」でチーム総合優勝

「軽量のCARBONEX HRだから勝てた」2017年初の海外レースでKINAN Cycling Teamのジャイ・クロフォード選手が個人総合優勝を獲得

弊社名を使った不信な招待状(郵便物)にご注意ください

高機能アンダーウエアを着て、パフォーマンスアップを目指そう! ヨネックス高機能アンダーウエア試着キャンペーン開催!

2016ジャパンカップロードレースでKINAN CYCLING TEAMのマルコス・ガルシア選手が山岳賞2回獲得「CARBONEX HRは最高の相棒だね」

世界最軽量級カーボンバイクフレームCARBONEX®シリーズから 踏み込んだ力がダイレクトに加速へと繋がるストレート形状のフロントフォークモデル 10月下旬発売

栄光のチャンピオンジャージを獲得!與那嶺恵理選手が全日本選手権ロードレースで3年ぶり2度目の優勝を飾る

「Tour de 熊野2016」でKINAN CYCLING TEAMがチーム総合優勝・総合山岳賞を飾る

▼ CATEGORY
- Products(製品)
- Players(選手)
- Events(イベント)
- Information(お知らせ)
- Race(大会・試合)
▼ ARCHIVE
- 2017年
- 2016年
- 2015年
- 2014年
- 2013年
© 2017 YONEX Co., Ltd.
page top